top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【難読】なんの草?「菠薐草」の正しい読み方

マイナビウーマン

『デジタル大辞泉』によれば、「菠薐草」の意味は以下のように解説されています。

ほうれん‐そう〔ハウレンサウ〕【×菠×薐草】

ヒユ科の一・二年草。根は赤みを帯びる。4、5月ごろ、とう立ちして黄緑色の花が穂状につく。雌雄異株。代表的な葉菜の一。品種が多く、葉に切れ込みのある東洋種とない西洋種とに分けられる。アジア西部の原産で、菠薐はネパールの地名、または、ペルシアのことという。日本には16世紀ごろ中国から東洋種が渡来し、明治時代に米国から西洋種も導入。《季 春》「しをらしや細茎赤き—/鬼城」→報連相

今の時期、お鍋に入れたりして食べる機会も多いのではないでしょうか。漢字で目にしたのは初めての方も多いと思いますが、「菠薐草」と書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「菠薐草」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。身近な野菜ですが、そもそも名前の由来がネパールの地名だったなんて知らなかったですよね。

広告の後にも続きます

漢字で書く機会はそうそうないと思いますが、買い物中に見つけたらこんな漢字だったなと思い出してみてくださいね。

(ななしまもえ)

<<これまでの難読漢字はこちら

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル