top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

“優勝候補”遠藤哲哉がHARASHIMAに痛恨の黒星発進「残り全勝で優勝する。その先にKO-D無差別級が待ってる」【DDT】

TOKYO HEADLINE

 DDTプロレスが12月2日、東京・新宿FACEで「D王 GRAND PRIX 2023 in Shinjuku【DAY1】」を開催した。同団体のシングル最強決定リーグ戦のAブロックでは、優勝候補の一角と見られている元KO-D無差別級王者の遠藤哲哉が“ミスターDDT”HARASHIMAに敗れ、痛恨の黒星スタートとなった。

 今年いっぱいでバーニングから秋山準が脱退することもあり、優勝を至上命題に課している遠藤。開始早々、プランチャーを決めるも、なかなかペースは握れず。HARASHIMAは遠藤の腹を踏み潰し、変型コブラツイスト、腹部にチョップを見舞うなど、遠藤のスタミナを奪っていく。遠藤はサスケスペシャルを敢行し、スワンダイブ狙いもHARASHIMAが蹴りで撃墜。HARASHIMAは雪崩式ブレーンバスター、ファルコンアローもカウントは2。エルボーのラリーから、HARASHIMAがミドルキック連打。遠藤はオーバーヘッドキックから、小橋建太氏直伝のローリング・チョップ、エクスプロイダーもフォールは奪えず。さらに遠藤はテツヤ・イン・ザ・スカイ、旋回式ト―チャーラックボムからバーニングスター・プレスでトドメを刺しにいくも、HARASHIMAは剣山で迎撃。HARASHIMAは蒼魔刀、バズソーキックからつるべ落としを決めて3カウントを奪取した。

 遠藤は「こんなとこでつまずいてる場合じゃない。バーニングから秋山さんが抜けて、高鹿(佑也)がケガして、俺がしっかりしないとダメな状況なんだよ。HARASHIMAさんは強かった。ただD王、残り全勝。そして俺が優勝する。優勝した先に、KO-D無差別級が待ってる。俺はそのベルトを獲って、真っ先にHARASHIMAさんを指名する。リベンジマッチだ」と肩を落としながらも、前を向いた。そして、「(12・3新宿は)飯野雄貴、正直魅力がなくなった。あいつはフェロモンズのときが一番輝いてた。たぶんあいつももがいてると思う。それは俺も同じ。明日、勝ったほうが、この気持ち、少し晴れると思う。あいつはアホなので、頭使って勝負します」と語った。

 1勝1敗と持ち直したHARASHIMAは「KO-D無差別級チャンピオンになってからの遠藤とは、初めて試合したのかな。僕がイメージしてた遠藤より、すごく強くて。最後も負けたくない意地を感じて、奥の手を使っちゃいました。初戦落としたけど、あとは全部勝つと言ったので。全部勝って、絶対優勝するので、楽しみにしててください」と笑みを見せた。

 そのほかのAブロック公式戦では、初戦で上野勇希に敗退した樋口和貞が佐々木大輔と対戦。要所要所で佐々木のセコンドのMJポーが介入。場外戦で佐々木がイス攻撃を見せるも、石頭の樋口は動ぜず。佐々木はミスティカ式クロスフェース・ロックで絞め上げ、クロスオーバーに移行も、樋口はブレーンクローで脱出。起き上がると、そのままヘッドバットからブレーンクローで顔面を絞め、佐々木がたまらずギブアップ。

広告の後にも続きます

 初日を出した樋口は「初戦、上野に負けて、下向いた部分はあるけど勝ててよかった。難敵だった。開幕戦いろいろ言われて悩んだ部分もあったけど吹っ飛んだ。勝ち進んでいきます」と気合が入った様子。佐々木は「樋口、オマエは重大なミスを犯した。初戦で負けた人間は必ず決勝に上がる。そして優勝する。これがプロレス界の定めだ。分かったか! 明日から全勝優勝。佐々木大輔がちょっくら優勝してきます」と不敵に語った佐々木は、12・3新宿で因縁の上野と激突する。

 また、この日の第4試合で行われた「月刊若手通信」世代によるKO-Dタッグ王座戦(王者組=高尾蒼馬&翔太vs挑戦者組=杉浦透&彰人)は一進一退の攻防となったが、一瞬のすきを突いた翔太が彰人を雁之助クラッチで丸め込んで、ロマンス・ドーンがV2に成功。高尾組はガンバレ☆プロレスの12・27後楽園で、チームドリフの石井慧介&入江茂弘との対戦が決まっているが、この一戦にベルトをかけることを希望した。

 なお、12・9大阪で坂口征夫&岡谷英樹が持つアジアタッグ王座に岡田佑介&高鹿が挑戦する予定だったが、高鹿の負傷欠場により、急きょ秋山が名乗りを挙げた。秋山は「チームとして、もうちょい上げていかないと。今、坂口、岡谷は最強タッグで頑張ってるみたいだから」、岡田は「俺のパートナーは今は遠藤選手じゃない。D王集中がある。秋山さんとは切っても離せない縁がある。秋山さんとタッグで何かをやったということはないので、ベルトを獲りに行きたい」と意気込んだ。

DDTプロレス「D王 GRAND PRIX 2023 in Shinjuku【DAY1】」(12月2日、東京・新宿FACE) ◆オープニングマッチ スペシャル8人タッグマッチ 30分一本勝負 上野勇希&小嶋斗偉&正田壮史&●須見和馬(9分57秒、エビ固め)秋山準&飯野雄貴&岡田佑介○&瑠希也 ※サドンデス ◆第二試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○クリス・ブルックス〈1勝1敗2点〉(9分27秒、片エビ固め)KANON●〈1勝1敗2点〉 ※プレイングマンティスボム ◆第三試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○MAO〈1勝1敗2点〉(10分6秒、体固め)平田一喜●〈2敗0点〉 ※旋風脚 ◆第四試合 KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負 〈王者組〉高尾蒼馬&○翔太(10分46秒、雁之助クラッチ)杉浦透&彰人●〈挑戦者組〉 ※第80代王者組が2度目の防衛に成功。 ◆第五試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○樋口和貞〈1勝1敗2点〉(13分55秒、ブレーンクロー)佐々木大輔●〈1敗0点〉 ◆セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○納谷幸男〈2勝4点〉(15分10秒、体固め)斉藤レイ●〈1勝1敗2点〉 ※世界一のバックドロップ ◆メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ●遠藤哲哉〈1敗0点〉(17分13秒、体固め)HARASHIMA○〈1勝1敗2点〉 ※つるべ落とし

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル