top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「アシストマシンやん」→「心配すぎる」冨安健洋が試合中に2度のXトレンド入り!アーセナルの先制点を演出など好プレーも、後半にピッチに座り込み…

ABEMA TIMES

【プレミアリーグ】アーセナル 2-1 ウォルヴァーハンプトン(日本時間12月3日/エミレーツ・スタジアム)

 アーセナルの冨安健洋が、ウォルヴァーハンプトン戦でここ数試合と同じく好プレーを披露。一方、後半にはアクシデントで途中交代している。

【映像】冨安健洋のアシスト&負傷交代

 右SBで先発した日本代表DFは、6分にいきなり先制ゴールをアシストする。右サイドからブカヨ・サカ、ガブリエウ・ジェズスと繋がったボールを、ペナルティーエリアまで進出していた冨安がダイレクトパス。これを中央に走り込んでいたサカが受けると、DFを上手くかわし、最後は右足で蹴り込んだ。

 11月29日のRCランス戦(チャンピオンズリーグ)でも2アシストを記録していた冨安は、これで公式戦2試合連続のアシスト。DFとしてはかなり異例のスタッツだけに日本のXでは「冨安アシスト」がトレンド入りし、「アシストマシンやん」、「またアシスト」、「2試合連続アシストはえぐいな」、「またアシストしちゃったよ」などファンも興奮気味だった。

広告の後にも続きます

 その後も攻守で安定したプレーを見せていた冨安だが、77分にアクシデント発生。ピッチに座り込み、左ふくはらぎを気遣った。メディカルスタッフに見てもらったが、結局はベン・ホワイトとそのまま交代となった。

 この心配なシーンを受けて、日本のXで今度は「冨安怪我」がトレンド入り。「つっただけだといいけど」、「心配すぎる」、「怪我だけは勘弁してくれ」、「交代後に歩いてはいたし、重症じゃないことを祈る」、「おいおい…」などの書き込みが目立った。

 試合後の会見でミケル・アルテタ監督は、冨安の交代について「詳細はまだ分からない。彼は何かを感じた。それが疲労だったのかは分からない、我々はいかなるリスクを負いたくなかったから、すぐに交代を決めた。今後の様子を見てみよう」とコメントしている。

 最近の冨安はレギュラー定着を果たしつつあるうえ、守備はもちろん攻撃でも存在感を高めてアーセナルの重要戦力になっていただけに、アルテタ監督にとってもふくらはぎの状態は気掛かりなことだろう。続報を待ちたい。

(ABEMA/プレミアリーグ)
 

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル