top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

齊藤京子(日向坂46)の背徳的キスシーンにファン衝撃「きょんこいず息してますか…」『泥濘の食卓』

ABEMA TIMES

 日向坂46の齊藤京子が、主演するテレビ朝日系連続ドラマ『泥濘の食卓』(土曜午後11:30)の第7話において、櫻井海音を相手にした“泥濘”キスシーンに体当たり挑戦。背徳感漂うシチュエーションにSNSでは衝撃の声が広がっている。

【映像】不倫相手の息子とお風呂&キス 齊藤京子の体当たり演技

 ドラマの原作は、2016年に『悪い夢だといいのにな』で第75回ちばてつや賞大賞に輝いた新進気鋭の漫画家・伊奈子による同名コミック。アルバイト先のスーパーの店長と不倫している深愛(齊藤)が、店長家族の中に入り込み、妻や息子の心にパラサイト。店長一家を泥濘へと引きずり込んでいく。「パラサイト不倫」といういまだかつてないジャンルを誕生させた衝撃作で、第1話から第6話までの見逃し配信は計300万回再生を突破している。

 不倫相手の息子であり、自分に想いを寄せる高校生・ハルキ(櫻井)を自宅に招き入れた深愛(齊藤)。しかし毒母・美幸(筒井真理子)が帰宅したことからピンチに陥る。どのようにハルキを逃がせばいいのか?必死に頭を回転させて深愛が出した答えは、何故かハルキとの混浴だった。

 ハルキの全裸が見えないように、目を閉じて髪の毛を洗う深愛。しかしハルキには深愛のすべては丸見え。そして入浴後はハルキを自分の部屋に誘い、美幸が来た場合に備えて隠しやすいからと狭いシングルベッドで添い寝をするのだった。

広告の後にも続きます

 当然、深愛に好意を寄せるハルキの心臓はバックバク。毒母に怯える深愛にハルキは「家族なんてこっちから捨ててやればいい」と語り掛け、二人はしばし見つめ合う。そしてハルキは深愛に覆いかぶさるスタイルでゆっくりと唇に近づいていき、深愛も瞼を閉じてハルキの唇を受け入れる。

 不倫相手の息子と親父の愛人という、歪な関係性を持つ二人のまさかの“泥濘”キス。ハルキ視点で映し出される深愛を見つめるクローズアップショットでは、齊藤のウルウルとうるんだ瞳と風呂上りとは思えぬテカテカとヌメっている唇が鑑賞可能だ。おもむろに顔を沈めていく桜井の動きに合わせて、受け入れ態勢万端の齊藤は互いの鼻と唇が触れ合う距離になるとゆっくりと瞼を閉じる。妙に艶めかしい齊藤のキスシーンに「きょんこいず息してますか…」「全てのきょんこいずが、卒倒の案件です」「いま、茫然自失状態なの、私だけじゃないですよね??」「現役アイドルとしてキスシーンこなしたとして女優業への磨きがかかったと思えば…大丈夫..」とファンも衝撃を隠せないでいる。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル