top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

日本人悪女レスラー “反則援護”も元女子王者に完敗! 電撃復帰の大物“毒蛇”は正式契約でチャンピオンに宣戦布告&衝撃ラストで場内騒然

ABEMA TIMES

【WWE】SMACKDOWN(12月1日・日本時間2日/ブルックリン)

 世界最高峰のWWEで4大イベントに数えられる『サバイバーシリーズ』で、ビアンカ・ブレアー&シャーロット・フレアーを擁する女王軍団に敗れた“悪女軍団”ダメージCTRL。今大会でも日本人のカイリ・セインがビアンカに敗れ、一枚岩だったチームワークに亀裂が走った。

【映像】“逆さ吊り”大技に悶絶敗戦の瞬間

 これまで悪の連携プレイでWWE女子王者イヨ・スカイの王座防衛をアシストしてきたダメージCTRLだが、4大イベントのウォー・ゲームズ(編注:特殊形式の金網戦)ではリーダーのベイリーが3カウントを奪われる結果に終わった。サバイバーシリーズ後、初の『SMACKDOWN』では勝利したビアンカがオープニングに登場し「ウォー・ゲームズでは勝ったけど、私とダメージCTRLとの戦争は終わってないわ。イヨ・スカイ、あんたを逃がさない。ベルトを返してもらう」とイヨへのリベンジと挑戦を宣言する。

 ここでベイリーを除くダメージCTRLの面々=イヨ&カイリ&アスカの日本人3人&ダコタ・カイが現れ、ダコタが「そんなにタイトルマッチをやりたいなら、ここにいるダメージCTRLのメンバーを全員倒してみろ」とビアンカを挑発し、今大会でカイリの一騎打ちが決まる。

広告の後にも続きます

 バックステージではダメージCTRLがひと悶着。イヨがオープニングに姿を見せなかったベイリーに「どこにいたんだよ?」と詰め寄ると、ベイリーも「リングに向かうことを知っていたら一緒に行ってたよ!」と言い返し、ダコタが仲介に入る一幕も。試合直前にはイヨが「今日はここにいていいから」とベイリーのセコンド入りを拒絶してしまう。

 カイリのセコンドにはイヨ&アスカ&ダコタ、ビアンカのセコンドにはウォー・ゲームズを共に戦ったシャーロット&ショッツィがついて試合がスタート。序盤、ビアンカがパワーでカイリを圧倒すると、アスカが場外からビアンカの足をひっかけて妨害。シャーロットもお返しとばかりにカイリの足をひっかけて妨害し、セコンドの介入にしびれを切らしたレフェリーが両陣営が退場を命じた。

 リング上は文字通りの一騎打ちとなり、カイリがクロスアーム式のスリーパーで締め上げると、ビアンカが強引に投げ捨ててボディスラムを連発。セコンドロープを登ってパンチを連打し、スパインバスターとスプリングボード式のムーンサルトで攻め立てる。カイリもビアンカの必殺技=KODを必死に脱出してカットラス(裏拳)、スライディングDやダイビングフォアアームで畳みかけるが、場外戦になるとビアンカがカイリの身体を高々と持ち上げて、バリケードに叩きつけた。

 この一撃で大ダメージを負ってしまうカイリだったが、セコンドから外されたベイリーが乱入。リングに戻るビアンカの髪の毛を引っ張って妨害すると、ビアンカがエプロンに後頭部を打ちつけて、大の字になる。チャンスが巡ってきたカイリはコーナーに駆け上がり、インセインエルボーを狙うも、ビアンカがエルボーで阻止。今度こそのKODを決めて、カイリから勝利を収めた。

 ウォー・ゲームズでの失態を取り返すべく、カイリを手助けしたベイリーだったが、結果的に勝利をもたらすことができず。試合前にイヨから距離を置かれ、ユニットのリーダーながら“仲間外れ”にされている感は否めない。これまで固い絆で結ばれていたダメージCTRLだが、ウォー・ゲームズ敗戦をきっかけに内部崩壊が始まったようだ。

“毒蛇”ランディ・オートンがGMに衝撃の一撃

 そして、サバイバーシリーズで約18カ月ぶりのWWE復帰を果たしたランディ・オートンも登場。前回『RAW』でも試合をしており、どちらのブランドに所属するかに注目されるなか、この日は『RAW』のアダム・ピアースGMも姿を見せ、『SMACKDOWN』のニック・オールディスGMと揃って契約書を持参。オートンの前に立ち、ピアースGMは「契約してくれたら、WWE世界ヘビー級王座に挑戦させてもいい」、オールディスGMは「契約してくれたら、君を欠場に追い込んだ宿敵(=ブラッドライン)を差し出そう」と勧誘する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル