top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ブギウギ』富田望生が残した強烈なインパクト 不安を抱えるスズ子とのコントラスト

Real Sound

『ブギウギ』写真提供=NHK

 「ハァー、ヨイト!」と響く伸びやかな声から、小夜(富田望生)の魅力が溢れ出す。NHK連続テレビ小説『ブギウギ』の第9週となる「カカシみたいなワテ」が放送され、スズ子(趣里)の元に、弟子を志願する小夜がやってきた。だが事態は急展開を迎える。

参考:朝ドラになぜ“働かない父”が登場するのか 『ブギウギ』脚本・櫻井剛が描く心情の揺らぎ

 新しい下宿先が見つかるまでの間、スズ子と梅吉(柳葉敏郎)の暮らす部屋に転がり込むことになった小夜。「オレ、親に捨てられだんです」という身の上話とともに、あっという間に梅吉の懐に飛び込んだ。小夜が虜にしたのはスズ子や梅吉の心だけではない。突然登場して視聴者の関心までかっさらっていったのだ。

 そんな小夜は福島なまりの明るい女の子。勢いがあり、怖いもの知らず、見知らぬ人の元にも飛び込める度胸がある。一方で、本人も言うように「調子に乗りすぎる」ところがあり、スズ子の部屋に来た翌日の夜にはもう追い出されてしまった。登場したのは今のところたった2話だが、富田の熱演もあり、小夜は強烈なインパクトを残す。特に印象的だったのが、やはり会津地方の民謡「会津磐梯山」の歌唱シーンだろう。

 「歌手になりたい」と上京した小夜だが、歌唱を披露したのはこの「会津磐梯山」のみ。だが、伸びやかな歌声とハリのある声質が視聴者の間で話題となった。この「会津磐梯山」は富田の出身地・福島県の民謡で、過去に美空ひばりや三橋美智也、小林旭、そして‎宇多田ヒカルの母親である藤圭子などがレコードにしている。会津の人々にとっては馴染み深い歌であることから、『ブギウギ』をきっかけに「盆踊りで聞いた」「おじいちゃんが歌ってくれた」など、SNSで思い出を語る人も多かった。

広告の後にも続きます

 特に「小原庄助さん」から始まる部分は、福島県民でなくともなんとなく聞き覚えがあるフレーズなのではないだろうか。この「小原庄助さん~」の部分は、昭和9年に「会津磐梯山」がレコード化されるときに、「元の歌詞のままではつまらないから」という理由で付け加えられたという驚きのエピソードもある。

 本編では、この「小原庄助さん」の部分の声が聞こえにくいが、『ブギウギ』公式X(旧Twitter)に富田望生と柳葉敏郎が共演する「会津磐梯山」の撮影シーンがフルで投稿されており、そこではっきりと聞くことができる。やはり言及したいのは、この「小原庄助さん なんで身上つぶした 朝寝 朝酒 朝湯が大好きで」の歌詞。これは、酒におぼれて朝も起きられない梅吉の体たらくぶりを彷彿とさせる内容ではないだろうか。

 明るくこの歌を歌った小夜と、歌い続けるのが難しくなることへの不安を抱えるスズ子、その両者が激しいコントラストのように描かれることで、より一層印象的なシーンとなった。SNSでは小夜の登場について「小夜ちゃん、ホントはいい子だけれど、今日は調子に乗っちゃっただけだよね?」「スズ子を慕っている田舎娘に見せかけて、チャンスがあればその位置に立とうとする策略家では?」などの意見が。やはり、まだ小夜のことは掴みきれていないようだ。

 来週の予告では、再登場も知らされている小夜。無事にスズ子との仲を修復することができるのか。

参照
https://www.nhk.or.jp/fukushima/lreport/article/002/36/

(文=Nana Numoto)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル