top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

里崎智也に聞く、書籍『下剋上球児』の魅力「監督、選手、学校、地域が一丸で成し得た壮大な下剋上」

Real Sound

  人気を博すTBS系列、日曜劇場の『下剋上球児』。鈴木亮平、黒木華らの安定した演技に加え、野球部員役の若手俳優らが回を追うごとに存在感を増し、無名高校が甲子園をめざすドラマは佳境に入る。

  実は、この物語には菊地高弘著『下剋上球児』(カンゼン)という原案になったノンフィクションがある。現実にあった「下剋上」を題材にしているのだ。そこで、千葉ロッテマリーンズでキャッチャーとして活躍し、リーグ優勝なしに日本シリーズ制覇を2度も成し遂げ、「下剋上」を世に広めた張本人でもある里崎智也氏に、書籍版『下剋上球児』について、聞いてみた。

里崎の高校時代、特殊な徳島

――本書『下剋上球児』は三重県の公立高校である白山高校が、初戦敗退の常連から甲子園出場に至るまでを描いたノンフィクションです。そういえば、里崎さんも公立の鳴門市立鳴門工業高校(現、徳島県立鳴門渦潮高校)の出身ですね。

里崎:徳島は他の県から比べると特殊なんです。私立がほとんどないので、これまでも公立しか甲子園に行ったことがない県です。私立も視野に入れて進路を考える白山高校の生徒とはちょっと立場が違う。

――たしかに、鳴門工(鳴門渦潮)は何度も甲子園に出場している名門校です。

広告の後にも続きます

里崎:そう思われがちなのですが、僕たちの世代は強くなかったんですよ。僕は最後の夏、3回戦で7-0のコールドで負けてますから。しかも、トーナメント上、2回戦からだったので、勝ったのは1回だけ。そんなチームでした。

――それでも、甲子園はめざしてたんでよね。

里崎:当然です。いや、めざしていない高校球児がいるとも思えない。毎日練習しているチームは、全国のどこでも甲子園をめざしてますよ。もちろん、週2回だけ練習するとか、サークル的なところはそうでないかもしれない。でも、毎日のところは違う。横断幕とか出してないだけで、必ず「甲子園」と言っているはず。

――そんな高校球児時代、思い出は?

里崎:フツーに学校のグラウンドで毎日練習していましたね。

――ちゃんと専用グラウンドがあった?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル