top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

はじめしゃちょーが2023年の“縛り”を公表 YouTuberに「腹が立ったこともありました」と明かす

yutura

12月2日、「はじめしゃちょー」(登録者数1070万人)が11日ぶりにメインチャンネルの投稿を再開するとともに、今年1年自らに課していた“縛り”を明らかにしました。

2023年の縛りは「YouTuberとのコラボ禁止」

先月22日、「心の余裕がない」と打ち明け、メインチャンネルの更新を当面休止すると報告したはじめしゃちょー。11日ぶりとなる今回の動画では、悩みはまだ解決はしていないものの、進展はあったといい、「脳が忙しいみたいなのはちょっと良くなりました」と語り、投稿の再開を宣言しました。

毎年1年間、何かしらの“縛り”を自らに課して生活しているはじめしゃちょー。2023年はどんな縛り生活を送っているのか秘密にしていましたが、今回の動画で「YouTuberとのコラボ」を禁止していたことを明かしました。

俳優の山田孝之や、YouTuberを辞めた後輩、霊媒師などと共演したものの、YouTuberとのコラボはしていなかったというはじめしゃちょー。ただしYouTuberの中でも「ヒカキン」(同1200万人)だけは例外としてコラボしており、「ヒカキンさんのお誘いだけは僕は絶対に断りません」「『そこから飛び降りろ』と言っても飛び降ります」と述べると、「クリエイターというより神」「この世界を支える指針となるような人物」だとヒカキンを称えました。

関連記事
はじめしゃちょーがメインチャンネルの更新休止を発表「ちょっと疲れました」「頭のキャパがいっぱい」
はじめしゃちょー、2023年のテーマは「わがまま」 秘密の “縛り”生活もスタート

ゴリ押しするYouTuberに「腹が立ったこともありました」

広告の後にも続きます

コラボを禁止した理由について、はじめしゃちょーは「自分の力でやってみたかった」と語ります。コラボをすればお互いの視聴者に動画が見られるため、一時的に数字は伸びるとしつつ、「果たして本当に自分の数字なのか」「本当にその力あるのかな?」と疑問に感じていたのだとか。コラボを禁止すれば数字が落ちる可能性があることから、この縛りは「賭け」だったと振り返ります。

禁止の理由の2つ目は「YouTuberコラボ多すぎ」というもの。はじめしゃちょーは、最近のYouTube界のコラボ流行りに違和感を感じているようで、「一緒に動画撮りたくてYouTubeやってるわけでもないし」「そんなコラボする?」と投げかけます。コラボは悪いことではないとしつつも、「たまにするから魅力に感じる」と、今後もコラボの頻度は少なめにする考えのようです。

そして縛りをしても「オワコン」になることはなかったといい、「コラボじゃなくても行けるわっていう自信に繋がった1年だった」と語りました。

はじめしゃちょーは、コラボの誘いを断ったYouTuberに謝罪しつつも、「ゴリ押しして『本当にお願いします』みたいなこと言ってくるヤツもいた」とコメント。

こっちの都合完全無視で、本当に向こうが撮りたいだけなんだなっていうクリエイターもいて、ちょっと腹が立ったこともありました

と打ち明けるとともに、

気をつけたほうがいいよ。あんまりいい思いしないからそれは

と苦言を呈しました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル