top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ミニマリスト歴3年の筆者に聞いた!手放した方がいい「5つの思い込み」

michill(ミチル)

①同じ服だと思われるのが恥ずかしい

毎日同じ服を着ていると思われるのが恥ずかしいと思い、たくさんの服を持っていました。

しかし、友人と会うとき、以前相手が何を着ていたか思い出せますか?自分が思っている以上に人は相手に関心がないものです。

なんとなくいいと思った服を大量に持っていた頃より、数着だけだけどお気に入りの服を持っている今の暮らしの方が楽しいです。

②持っているのが当たり前

みんなが持っている、持っているのが当たりまえという考えは暮らしが苦痛になることがあります。

部屋にラグを敷くことや各部屋にゴミ箱があるのが当たり前。そう考えてたことによって床掃除が面倒になったり、ゴミ集めやゴミ箱を洗うという家事が増えたりと暮らしが窮屈に感じていました。

広告の後にも続きます

ラグを手放してからは粘着テープでラグのゴミを取る作業がなくなり、床掃除も楽になりました。

「持っているのが当たり前」をなくせば、そもそも「なくてもいいんじゃないか」と選択肢が生まれ暮らしやすくなります。

③捨てるのはもったいない

片付けのときによく聞く言葉として「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル