top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【実録】Xフォロワー24万人超・元陸上自衛官「自衛官の私服、“ユニーク”になりがち」⇒腰からチェーン、謎の筆記体Tシャツ、バリバリ財布etc. 一般人が知らない「休日の姿」

幻冬舎ゴールドオンライン

「強く堂々とした、立派な男子」を意味する言葉、「ますらお」。もはや死語に近いともいえますが、陸上自衛隊では、日本で消えゆく「ますらお」達の育成教育を行っています。陸上自衛隊(ますらお)というと世間には「常に真剣な眼差しで冗談が許されない組織」という印象がありますが、メディアには映されないオフ時にこそ面白いエピソードが満載だといいます。元陸上自衛官・ぱやぱやくん氏の著書『陸上自衛隊ますらお日記』(KADOKAWA)より一部を抜粋し、見ていきましょう。

<前回記事>自衛隊の筆記試験は「珍回答」続出…同期全員が腹筋崩壊した“トンデモ解答”【Xフォロワー24万人超・元陸上自衛官の実録】

陸上自衛隊(ますらお)たちの一番の楽しみは「休日の外出」

陸上自衛隊の生活において一番楽しいのが休日の外出です。いくら駐屯地の中では衣食住タダで生活できるといっても、いきなり裸族が登場したり、洗濯機の使い方に激怒する班長がいたりする世界は疲れてしまうのです。営内にいる隊員は基本的に土日しか外出できないため、金曜日になると「明日は外出ができる!」という高揚感からソワソワし、理想の休日を何回も何回もシミュレーションします。

そんなますらおへの最大のお仕置きはもちろん、「外出禁止」です。外出禁止となると、休日も駐屯地内で生活しなくてはいけません。そうなると売店でアイスを買って食べたり、厚生センターにある『美味しんぼ』をボンヤリした顔でパラパラめくったりして過ごすのが関の山になるのです。

また、外出禁止以外にも「残留要員」となって外出できないことがあります。いつ緊急事態が起きてもいいように、休日でも若手隊員を残しておく必要があるのです。休日は誰が残留するかで揉め、「なんで俺ばっかり残留させるんだ!」と大喧嘩になることもあります。特にクリスマスやバレンタインデーなどのビッグイベントでは、誰がジョーカー(残留要員)を引くか熾烈な争いを繰り広げます。

広告の後にも続きます

こういうときは非モテのオタク隊員達の出番となり、「聖なる夜は俺達に任せな!」と言い、ジョーカーを引き受けます。彼らは営内に残り「クリスマスをぶっ潰す」とか言いながら、徹夜でモンスターハンターなどのゲームをします。素晴らしい緩衝材要員ですね。

陸上自衛官の私服、だいたい「ユニーク」になりがち

外出予定があるますらおは、洗濯、掃除、プレス、靴磨き、部屋の整理整頓をして出発します。家事をばっちり行う主夫の朝みたいですが、しっかりと日常の整理整頓をしておかないと、意地悪な姑のように口うるさい先輩隊員がやってきて「お前は何もしていないのに外出をするのか!」とネチネチ言われるので大変です。

外出をする際は朝に当直室へ行き、身分証持参を当直幹部に示して、外出許可証といわれる魔法のアイテムをもらいます。

これで晴れて外出できるわけですが、もちろん休日なので制服ではなく私服を着用します。しかし、陸上自衛官の私服は一言でいえば「ユニーク」です。

短髪に帽子を被り、定番のTシャツ、ジーンズにチェーン(身分証と外出証が入ったカードケースを付けている)という服装なので、田舎の中学生のようなスタイルになりがちです。さらに、ここに原色のランニングシューズや登山靴、OD色のリュックなどが装備されていくので「実用性が高い田舎の中学生スタイル」が完成されます。

ますらおの私服でよく見るスタイルをまとめておくと、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル