top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

年商30億円でも赤字! 趣味の本屋・書泉が生き残るために仕掛けた”復刻重版”という突破口

週プレNEWS


「鉄道ファンの聖地」や「プロレスの聖地」と言われる神保町の書泉グランデ
東京都は神保町・秋葉原に店舗を構える中規模書店、「書泉」が元気だ。

経営は赤字続きの状態ながら、2023年3月に1冊の書籍を「書泉グループ独占販売」で復刊させ、結果的にシリーズ3作で累計約3万部も売り上げたのだ。3万冊もの拡販につながったのは、「書泉グランデ(神保町)」に勤めるひとりの書店員の発案によるものだった。

出版業界全体で売り上げの落ち込みが続く中、都心部で本を売り続ける「書泉」の内情とはいったいどんなものなのか。約1年前に代表取締役に就任した手林大輔氏に話をうかがった。

■転職先は「赤字書店の社長」

――書泉の社長に就いたきっかけを教えてください。

「普通に転職サイトで見つけたからです(笑)。ミドル用の転職サイトサービスに登録して、ある日サイトを眺めていたら『へぇ~、社長の公募とかあるんだ』と思って。前職は教育業界にいて、幼児向け知育コンテンツの制作や新規事業立ち上げに携わっていました。キャラクターの音楽コンテンツを作ったり、エンターテイメントを意識した仕事だったので、転職先もエンタメ業界に行きたかったんです」

広告の後にも続きます

――書泉はよく利用していたんですか?

「ぜんぜん! 昔、神保町で働いていたんですけど、書泉は素通りしてもっと大きい三省堂さんに……(笑)。書泉か~、そういえばあそこにあったなぁ、あの本屋さんか!と思って」


前職はベネッセで知育コンテンツやキャラクターコンテンツビジネスに携わっていた手林氏
――(笑)。今年、書泉が『中世への旅 騎士と城』(白水社)を復刻重版しました。300部買い切り、という特殊な条件がなぜ通ったんでしょうか? 通常、書店の販売形態は出版社へ返品できる「委託販売」です。「買い切り制度」を選択すれば、書店が在庫を抱えるリスクもあるのに……。

「それは、僕がだまされたから(笑)。企画の始まりは、書泉グランデで働く大内学くんというメンバーでした。彼は中世ヨーロッパにも詳しく、中世騎士の甲冑フル装備を自前で用意できるマニアでもあるんですが、彼ひとりの情熱をもって300冊の買い切りによる仕入れに繋がりました。」

――「だまされた」というのは?

「300冊の買い切り、という数字を聞いて、僕が『どのくらいで売れるの?』と聞いたら、『1年で売れます!』とはっきり言い切られたから(笑)。そのときは僕も転職してきたばかりで、はっきり言って委託販売や返本制度のことをあまりよくわかっていなかった。本屋が本を(買い切りで)仕入れて売るのは、別に普通のことだろうと思ってたんです、あはは。」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル