top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ノルウェーサーモンが肉料理の代わりになるのかって!? 「サモ肉」料理を実際に作ってわかったこと

ガジェット通信

揚げ油に入れて1~2分したら裏返して30秒から1分で取り出し、油をきります。

カットして、付け合わせを添えたら出来上がりです。

見てください。この断面! 外側の衣の硬さとサーモンの身の弾力、ジューシー感、きっとおわかりいただけますよね?! もう、眼で見て美味しい。

実際、口に運ぶと想像以上でした。もっと硬い食べ応えかと思いきや、溶けるように身が口の中で崩れていきます。ジュッとみずみずしいサーモンは見た目よりもしっかり脂が乗っているので、加熱調理にもピッタリなのです。加えて、生食でも美味しいのでレア調理がまさしくベスト。ソースでも塩でも美味しくいただけます。このトロトロ感は予想外でした。

サーモンステーキ

ポーションの部分はステーキにしてみましょう。

広告の後にも続きます

サーモンには塩コショウをしておきます。お皿には先に付け合わせを用意しておきましょう。火の通りは表面だけでいいので、調理時間も少なくてすみますので。

フライパンにはサラダ油を熱しておき、先のサーモンを焼きます。時間にして30秒から1分といったところでしょうか。

裏返してこちらも30秒ほど焼いたら、レモン、バター、パセリを乗せて出来上がりです。

これって、小麦粉をふらないムニエルじゃないの? って思うでしょう? 実際、僕もそう思ってました。「サモ肉とは……?」って思ってました。食べる前までは。

実際に口に入れてみると、その臭みの無いしっかり脂が乗った肉質は、ステーキにすることで見事なバランスに仕上がります。表面に火入れし、脂に熱が加わると筋質の旨味が強調されますが、中心部のレア部分のジューシーな脂とたんぱく質の変異している部分とのグラデーションを、舌の上で楽しめるのです。

これは従来のムニエルとは、全く違う食べ物です。溶けるような味わいのサーモンはステーキにすることで、たしかに今までと違った「肉」料理になっていました。

サモ肉、なるほど

生でも楽しめ、脂乗りがいいからこそ、火を入れたレア加減を楽しめるのが「サモ肉」なのだな、と今回作ってみて実感できました。

なお、12月2日(土)11:00 AM~18:00 PMまで、渋谷センタービル・1F(東京都渋谷区宇田川町16-8)にてノルウェーサーモンの「サモ肉」料理3種を1,129個無料配布する「さも、肉屋」もオープンしているそうです。

ノルウェーサーモンの「肉」料理、是非おためしいただきたい美味しさです。

サモ肉プロジェクト
https://norwayseafood-campaign.jp/salmon/

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル