top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ノルウェーサーモンが肉料理の代わりになるのかって!? 「サモ肉」料理を実際に作ってわかったこと

ガジェット通信

サーモンが肉の代わりになるのかどうか?

みなさんはノルウェーサーモンと聞いたら何を思い浮かべるでしょう。
冷たい海流で養殖された生でも食べられるノルウェーサーモンのレシピと言えば、まず出てくるのはお寿司やお刺身でしょう。実際、北極圏の澄んだ冷たい海水で育てられたノルウェーサーモンは、ゆっくり育つため、筋質と脂質のバランスが非常に良く、臭みがないのが特長です。

ところが、その脂の乗りが良くジューシーな肉質ゆえ、ノルウェーサーモンは牛肉、豚肉、鶏肉に代わる“第4の肉”たり得る、という話が出てきているのです。

そこで今回は従来の肉料理をノルウェーサーモンに置き換えるという「サモ肉」レシピを試してみたいと思います。
使うのは、ノルウェー大使館水産部から提供いただいた『オーロラサーモンフィーレ』です。

水揚げから日本到着まで、日本最速の36時間という抜群の鮮度のノルウェーサーモンなのですが……大きい!!

付け合わせ用に買ったレモンと比較してもらうとおかわりでしょうか? 半身ありますね。まずはこれを、柵に切り分けましょう。

広告の後にも続きます

脂の量など、肉質によって適切な料理があるようです。

今回は柵の背寄りの部分を使った「サーモンかつ」、そして頭に近いポーションの部分を使った「サーモンステーキ」にチャレンジしてみます。

サーモンかつ

切り分けた柵をさらに半分にするのですが、何とも肉厚。

このくらい肉厚だと、半生部分を楽しめる余裕が多いので調理に余裕が出そうです。

サーモンには塩コショウで下味をつけておき、揚げ油は180℃程度に加熱しておきます。

小麦粉をまぶした後、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル