top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

蝶野正洋「『ほんとに蝶野さんですよね』って確認された」/テリー伊藤対談(2)

アサ芸プラス

テリー アサ芸の読者にも、例えば定年になって、肩書がなくなった人って大勢いると思うんですけども。本の中に「プライドが捨てきれない」っていう相談が出てくるじゃないですか。やっぱり会社でそれなりの役職に就いたりしてた人が急に考えを変えるって難しいですよね。

蝶野 でも俺はね、逆にそれを楽しんだ方がいいと思うんですよ。実はこの間、下の女の子のバースデーケーキを、当日にサーティワンアイスクリームに買いに行ったんです。

テリー 誰が?

蝶野 俺がです。自分の子供のケーキを。

テリー ええっ、蝶野さんが? あまりにも意外すぎて、今、普通に「誰が?」って聞いちゃいましたよ。

広告の後にも続きます

蝶野 アハハハ。それでですね、車で行ったんですけど、ちょっと慌ててたもんだから、髪もボサボサで、サングラスもせずに店に入ったんですよ。そしたら、先に待ってるお客さんで全身に刺青が入った、体のゴツい奴がいて、たぶん総合格闘技か何かやってる奴だと思ったから、終わったら「お前、何やってるんだよ。プロレスでもやれば?」って声かけてやろうと思ってたんです。

テリー なるほど。

蝶野 そしたら、向こうから「すみません、蝶野さんですよね」って声をかけてきたから、「ああ、そうだよ。いい体してるね。何やってるの?」って聞いたら、「元プロレスラーです」と。大日本プロレスの元選手だったんですよ。で、アイスを買って、車で帰ろうと思ったら、そいつに「ほんとに蝶野さんですよね」って確認されたんですよ。

テリー ん、何で?

蝶野 それでバックミラーでパッと自分を確認したら、単なるオヤジにしか見えなかったんですよ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル