top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【ライブレポート】9bic・市川慶一郎、言葉詰まらせファンとメンバーに感謝<市川慶一郎 卒業公演 ~re:incarnation~>

WWSチャンネル

9bic<市川慶一郎 卒業公演 ~re:incarnation~>(※提供画像)

人気急上昇ボーイズグループ「9bic」が11月23日(木)豊洲PITにて、『市川慶一郎 卒業公演 ~re:incarnation~』を開催した。

『現在(イマ)を生きる王子様(プリンス)達』というコンセプトのもと2019年にデビューした9bic市川 慶一郎双葉 小太郎椚 三波斗四季 涼雅仮屋瀬 さつき六花 清春)は今年7月には結成4周年ツアーを完走。

【写真】卒業公演 ~re:incarnation~で言葉詰まらせファンとメンバーに感謝する9bic・市川慶一郎

ここでは、新しい道へと進むことを選んだ市川慶一郎を送り出した公演の様子をお伝えしていく。

開演前、会場はすでに満員のファンで溢れかえった。プロデュサーのYapp!(やっぴ)がナレーションで市川との出会いから始まり、ゼロからのスタートとなった9bicの結成とここまでの歩みを振り返った。話を聞いたファンの胸には早くも様々な想いが駆け巡ったようで開演を待つ会場は独特の雰囲気に包まれた。

広告の後にも続きます

会場が暗転すると、スクリーンに市川が自身のこれまでの衣装を見上げるシーンから始まるVTRが映し出される。そこに5人が現れ全員が揃ったところでVTRは終了。続けて、ステージに6人のシルエットが映し出され、幕が降りメンバーがファンの前に姿を現すとライブは始まった。

メンバーたちは「今日は6人でできる最後のライブになります」や「みなさん準備はできてますか」と会場を煽り「klaxon」のパフォーマンスをスタート。「今日は笑顔で市川君を送り出しましょう!」と呼び掛け、ムード漂う「ARK」、4周年ツアーのリード曲「君と僕、繋ぐ景色(ゆめ)」と続けた。

4曲目の「Aaliyah」に入るとき、市川は「3年半前、この曲をこの場所でやったことは今でも大切な思い出です」と声を弾ませた。

ここでいったんMCタイム。メンバーたちが「最初のパートに久しぶりにやった曲が多かった」とライブ冒頭を振り返ると、市川は「この公演は『klaxon』で始めたかった」と明かした。

市川の言葉からも分かる通り、今回の公演は市川自身がセットリストや演出をすべてプロ―デュースしており、MCタイムが明けると、いよいよ市川が「やりたいことをやった」という演出が始まった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル