top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

パンサー尾形、父娘の『ワンオペ生活』開始 大変さから出た言葉に大反響

grape [グレイプ]

お笑いトリオ『パンサー』の尾形貴弘さんが、さる2023年11月30日にX(Twitter)を更新。

妻の尾形あいさんが、胆石を除去する手術でしばらく入院するため、5歳の娘さんと2人で過ごす日々が始まったことを報告しました。

妻の偉大さを知った尾形貴弘

貴弘さんは、1人で子育てや家事などを行う『ワンオペレーション(略称:ワンオペ)』状態があまりにも忙しく、開始1日目で堪えた様子。

幼稚園の用意や送り迎え、洗濯や料理といった家事など、やることの多さに疲弊したようです。

また、娘さんが「ママがいい」とさびしがり、泣いていたのもつらかったことでしょう。

広告の後にも続きます

子育てや家事の多くを担っている、全国の母親の大変さに想いをはせ、魂からの「サンキュー!」を送ったのでした。

貴弘さんの奮闘ぶりと、心からの言葉には10万件を超す『いいね』が寄せられるとともに、温かな応援の声も届いています。

・分かってくれてサンキュー!

・相手の大変さを体験すると、リスペクトの気持ちが芽生えますよね。

・忙しいと思いますが、終わった頃には、父娘のかけがえのない思い出になっていますよ!

・私も妻が入院した時、娘と2人で数日間を過ごしました。今では「あの時間があってよかった」と思っています。

・『ママがいい問題』は、歯を食いしばって我が子に向き合い続けると、父親レベルが上がる試練の時。ファイト!

貴弘さんによると、2日目には2人で買い物に行ったとのこと。

帰宅後、疲れから早い時間に眠った娘さんをベッドに運び、ようやく1人の時間を確保できたのですが…。

貴弘さんは、自由時間を謳歌するというよりも、夜中に娘さんが起きて来た場合を考えつつ、腹ごしらえをしていたのでした。

すっかり父親としての思考が根付いている貴弘さん。妻が病院から戻ってきた時には、頼もしさが一段と上がっていることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典 @ogaogaoga399
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル