top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

なぜ「米ドル」は今後も「世界最強の通貨」であり続けるのか?“日銀出身のCFP”が解説する「納得の理由」

幻冬舎ゴールドオンライン

昨今、米国の通貨である「ドル」の信頼が揺らいでいるとの論評が目立つようになりました。しかし、日銀出身のCFP・小松英二氏は、世界の基軸通貨としての「米ドル」の信頼・優位性は圧倒的であり、今後も当面は揺らぐことはないとみます。なぜか。小松氏の著書『はじめての金利×物価×為替の教科書』(ビジネス教育出版社)から、一部抜粋して紹介します。

圧倒的な経済力・軍事力が支える「米ドル」の基軸通貨体制

日本経済は米国との貿易によって大きく発展してきました。日本にとって米ドルは、身近であり、貿易に欠かせない通貨です。対米貿易だけでなく、アジア諸国との貿易決済にもドルを用いることが少なくありません。

財務省「貿易取引通貨別比率」<2022年下半期>によれば、日本が輸出代金を米ドルで受け取る割合は約52%、輸入代金をドルで支払う割合は約73%にも上ります。

こうした事情から、日本での外国為替取引の中心は円と米ドルの交換となり、「ドル/円」レートが最も注目されます。

実は、日本に限らず世界のほとんどの国においても、自国通貨と米ドルの交換が中心となっています。それは米ドルが通貨のなかで最も信頼性が高く、広く使われている「基軸通貨」だからです。

広告の後にも続きます

基軸通貨とは何かを説明します。国際的に定められた定義はありませんが、一般的に、次の3つが基軸通貨の条件といわれています。

【基軸通貨の条件】

・国際的な金融取引における決済通貨として使われていること

・人々の価値基準として認識される通貨であること

・外貨準備に使われていること

これら3条件を揃えている必要がありますが、さらに通貨発行国の経済力・規模、政治力、軍事力なども決め手となります。高度に発達した金融市場や外国為替市場の存在、対外取引規制がないことなどを含め、これら要件に適合する通貨、それが米国の通貨であるドルなのです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル