top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

出産したけど、夜遊び三昧の独身時代が忘れられない28歳女。友人のキラキラSNSはミュートに…

東京カレンダー

モノが溢れているこの時代に、あえて“モノ”をプレゼントしなくてもいいんじゃない?と言う人もいるかもしれないけど…。

自分のために、あれこれ考えてくれた時間も含めて、やっぱり嬉しい。

プレゼントには、人と人の距離を縮める不思議な効果がある。

あなたは、大切な人に何をプレゼントしますか?

▶前回:「はい、あげる」と、赤坂のタワマンをくれた15歳年上の彼。ある日突然、音信不通になり…



菜摘(28歳)「お互いのステージが変わっても」


生後8ヶ月の息子がやっと眠りについた。

内田菜摘は、時計を見て思わずため息がもれる。

「もうこんな時間…」

20時に寝かしつけを始めたにもかかわらず、既に23時を回っている。

キー局のテレビマンである夫・健司は、夜の生放送番組を担当しているため、毎日帰宅は遅い。休日や家にいる際は育児や家事に積極的ではあるが、ほぼ自身のワンオペ状態である。

菜摘は窓辺のソファに腰掛け、せめてもの息抜きに、と淹れたローズヒップティーを飲んだ。

いっときの安らぎの時間…。

居住するベイエリアのマンションの窓の向こうには、小さな東京タワーが見えた。それを取り囲むようなビル群の煌めきを眺めながら、菜摘はうっとりあの頃を思い出す。

― なんだか、もう別の世界みたい…。

出産前、菜摘は大手PR会社でプロモーターの仕事をしていた。性格も明るく付き合いも広かったため、華やかで慌ただしい日々を過ごしていた。

麻布、六本木は庭のようなもの。会員制のバーや予約困難なレストランは行きつくした。周りはいつも賑やかで、パーティーや食事会は日常のことだった。

それも、今となってはまるで別世界こと。

「フニャーン」

ホッとしたのも束の間、ベビーラックから聞こえる泣き声で、菜摘は現在に引き戻される。

ふと気づくと、幽霊のようにやつれた女が、夜景が広がる漆黒の窓に浮かび上がっていた。


菜摘は2年前、大学の先輩であった健司と、仕事の関係で電撃的に再会した。

そしてすぐに交際し、妊娠…。コロナ禍で結婚式を行わなかったこともあり、新婚らしいロマンチックな時間を一瞬たりとも味わうことなく、急に日常が一変した。

夫は愛しているし、子どもも愛しい。だから、後悔はしていない。

だが時折、懐かしくなるのだ。仕事に、遊びに、輝いていたあの頃が。

「こんなんで、復帰できるのかな…」

仕事は辞めたわけではない。育休中だ。

来年春に前職に復帰予定だが、現在は出社どころか、ほんのわずかな1人での外出ですらも縁遠いものになっている。仕事はもちろん、メイクもおしゃれも、やり方なんて忘れてしまった。

息子も再び眠りにつき、菜摘はおもむろにInstagramを開く。

タイムラインに今並ぶのは、ママインフルエンサーのアカウントや子育て情報ばかりだ。かつては友人たちの華やかな投稿で埋まっていたが、今は全てミュートにしている。

目に入ると、辛いから。

けれど、華やかだった当時の生活を振り返ったからだろうか。

― そういえば、あのコ、元気かな…。

ふと思い立った菜摘は、怖いもの見たさで長谷川千里のアカウントを検索し、覗いてみた。



千里はかつての友人で、アパレルで働く3歳年下の女の子だ。

お互いに雑誌の読者モデルをしていたことで知り合った彼女とは、年齢は違えども、価値観や趣味、好きなモノやノリが全て一致する親友だった。

しかし、結婚と同時に妊娠を報告したところ、表向きに祝ってくれはしたものの、連絡がぱたりと途絶えてしまった。

― そんなもんだよね、女の友情って…。

ミュートするのにためらいはなかった。おかげで、あの頃の仲間たちと比べることなく、目の前の育児に専念することができている。



久々に見た彼女の投稿は、相変わらず眩しかった。

5分前に更新されたストーリーズには東京タワーのふもとにある東京プリンスホテルの『Café&Bar Tower View Terrace』で、読者モデル仲間と女子会をしている様子が投稿されている。

菜摘は彼女を想い、窓の外の夜景を改めて眺めた。

『いいよね、楽しそうで』

心の声が、指先に伝わっていた。メッセージ欄に打っただけであったが、取り消そうとしたはずみで送信してしまう。

― いけない…!

当てつけや、嫌味のように思われるだろうか。

軽いノリの言い訳を考えようとするも、1年半近く疎遠だったため、何を言っても重みを帯びてしまう。

そして、あっという間に既読になったものの…その内容に菜摘は拍子抜けしてしまう。

『きゃー、なつみん元気!?赤ちゃん生まれたー?』

信じられないくらい素早い返信。

しかも返ってきたのは、あの頃と変わらない底抜けに明るいテンションのメッセージだったのだ。


意外にもその後、DMでの会話ははずみ、あれよというまに1ヶ月後に千里を自宅に招待することになっていた。

「さてと…」

そして迎えた、当日の昼下がり。

生活の匂いはさせないよう、早起きして散らかった部屋を一生懸命片付ける。平日なので、健司の手を借りることはできない。息子がぐずって再会が慌ただしくならないよう、来訪時間に合わせてしっかり昼寝につかせた。

ピンポーン、という呼び出し音が鳴り、応答してマンションの入り口を開けた。しばらくすると、千里が部屋の前にやってくる。



「いらっしゃい」

菜摘はクローゼットの奥に眠っていた、あの頃のお気に入りのワンピースで千里を出迎えた。

「なつみん、久しぶり!会いたかったよ」

ドアを開くなり抱き着いてきた千里に、菜摘もつられて同じテンションになる。

1年以上会っていなくても、変わらない距離感に嬉しさを感じたが──目をおろすと、現在地の違いを見せつけられてしまった。

履き古したスニーカーとペタンコ靴が並ぶ玄関。彼女はその隣に、ルブタンのパンプスを並べている。

鮮やかな色合いの8cmヒールと、ちらりと見える印象的なレッドソール。その場所だけが異空間だ。

千里自身もそう。ボトムスは細身のデニム地だが、エレガントなノースリーブのブラウスは流行りのデザインのもの。メイクもばっちり決めていて肌も艶やか、爪の先まで抜かりない。

2年前の服で隣に並んでいる自分が、急に恥ずかしくなった。

― やっぱりもう、世界が違うんだ…。

菜摘は千里をリビングに案内し、お茶を用意する。その間、寝ている息子をじっと見ている千里の横顔に目がとまった。

相変わらず美しい鼻筋のライン。しばし、見とれてしまうほどだった。

「あ、そうだ、これ…」

その視線に気づいたのか、千里は急に思いだしたかのように、手元にある真っ赤なショッパーを菜摘に差し出した。

「出産祝いだよ」

「…え、これが?」

中を見ると、アイパレット、そしてリップスティックにリップオイルが入っている。千里がセレクトしたクリスチャンルブタンビューティーのコスメだという。

「赤ちゃんのじゃなくてごめんね」

ケースまで鮮やかな赤のアブラカダブラ ルデュオ、ジュエリーのような見た目のルージュスティレット ルミマット、ルージュルブタン ルビベル。それぞれのデザインも凝っており、まるで宝石箱を見ているようだ。

菜摘の目がキラキラと輝く。

「…すごく可愛い!」

「絶対にそう言ってくれると思った。出産祝い、色々見たけど私にはよくわからなくて。でも、なつみんが喜びそうなものなら、私自信あるから」

ニコッと微笑む千里の笑顔。菜摘も胸がいっぱいになる。

「今日はご招待ありがとう。育児で忙しいのに時間作ってくれたんだよね」

「私は大丈夫。実は、妊娠後、全然連絡ないから、縁切られたかと思っていた」

「そんな…誤解だよ、誤解!」

聞けば、千里の近しい人のなかでは、菜摘が初めての出産であるらしい。

知人や家族からの「妊娠・出産前後はデリケートな時期」というシビアな意見が頭にあったため、自分の方からは連絡しづらかったのだという。

「だって、何かあったら怖かったから…」

千里が遊びやお茶に誘えば、親友の菜摘はたとえ体調が優れなくても、きっと無理を押して来てくれてしまう。

だから、妊娠中の親友は、こちらからは誘わないこともマナーのひとつ──。そんなアドバイスを耳に挟んだこともあり、妊娠についての知識が全くなかった千里は、菜摘の方から連絡をしてくれるのをずっと待っていたと語った。



「とりあえず、このリップつけてみてよ。絶対に似合うから」

千里に言われるがまま、菜摘はルージュを引いてみる。顔全体が一瞬で鮮やかになり、自然に口角が上がっていた。

出産祝いはいろいろな友人から送られてきたが、どれもおくるみやおむつなど、子どものものばかり。

全て有難かったが…このコスメは明らかに自分のためのものだ。

それが、とてつもなくうれしかった。

「ねぇ千里。今度一緒に夜遊び行こう。夫も休日は子どもの面倒見てくれるっていうから」

「え、いいの?もちろんだよ!」

菜摘の誘いに、千里の笑顔が花開いた。

― そんなもんだよね、女の友情って…。

その後、ふたりは我を忘れて夢中でおしゃべりしあった。

話題の新店、ファッションやスキンケアのこと、千里の恋の話…。

息子がお昼寝から起きても、窓の奥にみえる東京タワーが暗闇を照らす時間まで、ふたりの時間は続いたのだった。


▶前回:「はい、あげる」と、赤坂のタワマンをくれた15歳年上の彼。ある日突然、音信不通になり…

▶1話目はこちら:「結婚したい」と思う本命彼女だからこそ贈る、とっておきのプレゼントとは?

▶Next:12月9日 土曜更新予定
32歳でCAからライターに転身した女。CA時代の暴露話がヒットした代わりに、失ったものとは


 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル