top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

プロ野球シーズンオフ中に再確認したいストライクゾーンの範囲とは?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」/井端弘和】

ラブすぽ

打つ

野球では打撃が一番楽しい。野球は団体競技ですが、打者と投手の1対1の個人勝負でもあります。安打や本塁打は、記憶にも記録にも残ります。「打率3割を打てば一流」と言われますが、それをもっと高める方法を伝授しましょう。※本書では、右利きを基本に表現してあります。左利きの選手は、逆に考えてください。

ストライクゾーンの範囲

公認野球規則=「ストライクゾーンは、打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである」。


【高低】

◦「打ちにいったとき」の、脇の下あたりからひざ頭まで。
◦本塁ベースの上に五角柱をイメージ。打席のどこに立っても、本塁ベース上の五角柱だけがストライク。
◦山なりの球の見極めは難しいが、この五角柱にかすればストライク。

ストライクゾーンの上限は、「打つための姿勢」とあり、打つ前の「構えた姿勢」ではない。また「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部の中間点に引いた水平のライン」とは、要するに「脇の下」あたりである。


【左右】

◦本塁ベース+内外角ボール1個分ずつ(かすってもストライク)。
◦横幅43.2センチ+内外角ボール1個分ずつ=J号球約7センチの8個分。

広告の後にも続きます

【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル