top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

山口俊が感じた日本とアメリカの野球の違いとは!?【元 読売ジャイアンツ/巨人】

ラブすぽ

山口俊が感じたアメリカの選手はマイナーでも楽しんでいるマインド

2019年に在籍した読売ジャイアンツで15勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した山口俊氏。そのタイトルをひっさげ、2020年にメジャーリーグ、トロント・ブルージェイズに移籍。そのシーズンはリリーフとして17試合に登板し、2勝4敗1ホールド、防御率8.06という成績であった。

2021年シーズン途中で読売ジャイアンツに復帰。2022年シーズンをもって引退した山口俊氏。そのトークショーが2023年5月に開催された。

話題は日本とアメリカの野球の違いの話に。

「アメリカは自由。楽しんでいる」と山口俊氏は語る。

ルーキーリーグから1A,2A,3Aといったマイナーリーグは日本より辛い。

広告の後にも続きます

だが、「楽しいことをやってお金を得ている。何が辛いの?」というマインドでアメリカの選手は臨んでいるそうだ。

だが、日本人はそうやって楽しめている選手は少ない。

監督やコーチなど人の顔色を窺ってしまう。

そういうマインド一つをとっても異なることなどを語ってくれた。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル