top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【チャンピオンズカップ】データ検証!過去10年3着にすら入れない【死の馬番】に入ってしまった馬とは⁉

ラブすぽ

どの馬が勝ってもおかしくない

先週はイクイノックスの圧勝劇で終わったジャパンカップ。今週はダートの最高峰レース「チャンピオンズC」が中京競馬場で開催される。

出走メンバーを見るとダートでは国内屈指のメンバーが集結しており、どの馬が勝ってもおかしくない状況だ。どの馬が勝つのかを過去10年のデータからサバイバル方式で検証していこう。

1.馬齢別

最多は5歳馬で4勝を挙げている。それに続くのが3歳、4歳、6歳でそれぞれ2勝。ダートはベテラン馬でも活躍する傾向ではあるが、さすがに7歳以上の勝ち馬は現れていない。ここで脱落する馬は0と今回は1頭も存在しなかった。

2.前走レース別

前走レース別では、交流重賞のJpnⅠが最多の7勝を挙げ、それに続くのがJRAのGⅢレースを走った馬の2勝で、残りの1勝が交流重賞のJpnⅡを走った馬となっている。ここで脱落するのが、⑤ドゥラエレーデ、⑥グロリアムンディ、⑨クラウンプライドの3頭である。

3.前走レースの結果別

国内ダートの最高峰のレースだけあって、前走6着以下の馬は勝てていない。最多は、やはり1着で4勝、それに続くのが3着、4着の2勝。残りは、2着、5着の1勝である。この結果、③ジオグリフが勝ち馬候補から外れてしまった。

4.前走着差別

広告の後にも続きます

前走を勝った馬の場合、0.1秒~0.2秒と接戦を演じた馬が最多の3勝。負けた馬の場合は、勝ち馬に対して0.6秒~0.9秒差内が最多の3勝で、それに続くのが0.3秒~0.5秒の2勝となっている。残りは勝った馬の0.6秒~0.9秒差を付けた馬と負けた馬で1秒~1.9秒差付いた馬だ。

今回は、2勝以上を挙げている前走着差を採用する。ここで消えるのが②メイショウハリオ、⑦ウィルソンテソーロ、⑫セラフィックコール、⑭アイコンテーラー、⑮レモンポップの5頭である。

5.枠番、馬番

枠番の最多は3枠の3勝となっており、その逆で1勝も挙げていないのが1枠、7枠、8枠と3つも存在している。細かく馬番で見てみると、過去10年で3着内すら入れていない「死の馬番」が3つも存在していることが分かった。その馬番とは7,14,15である。

この結果、1勝も挙げていない枠に入った①メイクアリープ、死の馬番でも該当となった⑬ケイアイシェルビーが脱落してしまった。

以上の5つのサバイバルを残ったのは、④テーオーケインズ、⑧アーテルアストレア、⑩ノットゥルノ、⑪ハギノアレグリアスの4頭となった。

果たして、この4頭の中からチャンピオンが現れるのか?
発走は、12月3日 中京競馬場 11レース 15時30分予定。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル