top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ナポレオン』は神格化されているナポレオン像を壊す 愛と狂気が観客を引き込む衝撃作

Real Sound

『ナポレオン』ポスタービジュアル

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、国内外問わず歴史は好きだったのにテストは毎回赤点ギリギリだった橋本が『ナポレオン』をプッシュします。

参考:綿矢りさが考える、リドリー・スコットが特別な理由  『最後の決闘裁判』にみる現代性

■『ナポレオン』

 ナポレオンと聞いて何を想像するだろうか? フランス革命の英雄、歴史上最も有名な軍事指導者の1人……などと多くの方は思い浮かべるのではないか。実際、私も最初思い浮かべていたのは、「フランス革命の英雄としての強いナポレオン!」というイメージだった。しかし、今作を観るとそのナポレオン像がたった1つの側面でしかなかったことがよくわかる。教科書に書かれているような戦いが功績ではなく、実は罪深いものであったのではないかとも思えた。本作は神格化されていたナポレオン像を壊す1作となっている。

 欲望の化身たるナポレオンの人柄を中心に栄光と没落が描かれていくのだが、ストーリーの柱となるのは妻ジョセフィーヌとの愛だ。愛とも言えるが執着とも捉えることもできる。どんなに過酷な戦場にいても何度も繰り返されるジョセフィーヌへの手紙や愛の言葉が、少し異常にも見え、恐怖すら感じる。

広告の後にも続きます

 そんなナポレオンをホアキン・フェニックスが演じるのだから間違いない。もはやこの内容でナポレオンを映画化するのならば、彼以外に誰が演じることができるのだろうかと感じた。1793年のフランス革命での王妃マリー・アントワネットの処刑から、1821年のナポレオン死去までの28年間。ナポレオンがなぜ狂気的で冷酷非道な人間へと変化してしまったのかを、抜群の表情演技で訴えてくる。

 ナポレオンが生涯で率いた戦いは61、そのうち1793年~1815年の間に300万人以上が戦死したと言われている。その事実が示す通り、今作は数々の戦いの場面も見どころが満載だ。例えば、予告編でも確認することができるアウステルリッツの戦いのシーンなどは圧巻である。攻めてきた相手に対してナポレオンの見事な奇策がハマり圧勝するこのシーンは、是非劇場で観てもらいたい。

 今作のさまざまな戦闘シーンでは、総勢約8000人のエキストラを動員し、最大11台のカメラで同時撮影されているという。監督を務めたリドリー・スコットだからこそ指揮できる、まさに大作映画と言うにふさわしい映像となっている。戦闘では銃撃と砲撃で人も馬も吹き飛ぶ容赦ない描写が満載なのだ。映画冒頭のマリー・アントワネットのギロチンでの処刑シーンはかなり衝撃的で目に焼きつくのでご注意を。

 興味はあるが、調べたら上映時間158分と知り、鑑賞を迷っている方もいるかもしれない。でも、そんな心配をせずに映画館で鑑賞するべきだ。なぜならリドリー・スコット監督がイギリスの映画雑誌『Empire Magazine』に語ったところによると、今後270分版の用意をしているから。そこではさらにどんな物語が描かれているのかも気になるところだが、270分と聞いて無理と思い笑ってしまった方は、上映中の158分なんて短いもの。そもそも、大スペクタクルの映像は、決して長くは感じないはず。是非今のうちに劇場で『ナポレオン』を鑑賞してみてはいかがだろうか。

(文=橋本光生)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル