top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

栗山千明、大奥総取締役の松島の局役で『大奥』出演 「嫌われる覚悟で精一杯務めたい」

Real Sound

栗山千明

 2024年1月18日よりフジテレビ系で放送がスタートする小芝風花主演の木曜劇場『大奥』に栗山千明が出演することが決定した。

参考:栗山千明、不安だった10代からの変化 「いろんなことを受け入れられるようになってきた」

 本作は、さまざまな人間の思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で、たった一つの愛を得ようともがく女たちの闘いを描く物語。2019年に『大奥』シリーズの完結作として放送されたフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』以来約5年ぶりに、世代を超えて長きに渡り愛されてきた『大奥』が、儚いラブストーリーとして帰ってくる。なお、フジテレビの連続ドラマとしては、2005年に放送された『大奥~華の乱~』以来、約20年ぶりの復活となる。

 主演の小芝のほか、亀梨和也、西野七瀬、森川葵、宮舘涼太(Snow Man)が出演。演出には『科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)、『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)の兼﨑涼介を迎え、脚本は『好きな人がいること』(フジテレビ系)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の大北はるかが担当する。

 栗山が演じるのは、大奥の女性たちを束ねる重役・大奥総取締役である松島の局。公家の娘で、徳川家重の嫡男・家治の教育係だったが、その後、将軍付き上臈御年寄となり大奥を取り仕切る大奥総取締役にまで上り詰めた実力者。大奥総取締役は“表”である幕政にも影響力を持ち、幕政をつかさどる老中の人事にまで口出しができたという、当時のキャリア女性のトップ中のトップにあたる。その松島は権力をほしいままにするため側用人・田沼意次と手を組み、“ある計画”を目論んでいて……。

広告の後にも続きます

 栗山が木曜劇場に出演するのは本作が初。また、主演の小芝とは『HEAT』(カンテレ・フジテレビ系)以来、約8年半ぶりの共演となる。

■栗山千明(松島の局役)コメント

・出演が決まったときの思い

言葉遣いや所作など、私に務まるのかという不安もありますが、大奥という煌びやかな世界を体験できることを楽しみに思いました。

・作品の印象

華やかな一方、いろんな思惑が絡み合う人間関係を描いている印象です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル