top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

コムドット 再生回数が“去年の半分以下”の衝撃…くじ売れ残り、登録者数も激減で止まらぬ凋落

女性自身

年末に向けて1年を総括する動きが活発化するなか、「モデルプレス」が11月30日に同メディアの独自調査による「今年の顔」を発表。若者から人気を集める、あの(年齢非公表)やYOASOBI、ドラマ『VIVANT』(TBS系)で脚光を浴びた富栄ドラム(31)などが名を連ねた。

 

クリエイター枠では、中学生YouTuber集団「ちょんまげ小僧」の他にもう1組。5人組YouTuberグループ・コムドットだ。

 

「YouTuberの枠に捉われない、多方面での活躍が評価されたようです。CMやテレビ出演だけでなく、リーダーのやまとさん(25)とゆうたさん(24)は『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で100kmマラソンにも挑戦。10月1日には、結成5周年を記念した卓上式カレンダーが発売。コムドットはサイン入りカレンダーを1万人以上に手渡し、ギネス世界記録を達成させました。来年1月には、やまとさんのソロ写真集『LUCY』(講談社)も発売されます」(WEBメディア記者)

広告の後にも続きます

 

快進撃を続けるコムドットだが、“日本を獲る”にはほど遠い出来事もあったようで……。ファミリーマートの一部店舗では、10月1日から11月30日まで「くじスクエア コムドットくじ」を発売。当初は1回770円(税込み)だったが、売れ行きが芳しくなく徐々に値下げされたというのだ。

 

「『コムドットくじ』を購入すると、メンバーの顔写真が入った景品がもらえます。3回購入すればオフラインイベントの参加抽選に応募できるので、ファンにとっては嬉しい企画のはず。ところが、期限が迫っても売れ残っていた店が何件もあったようです。『Smart FLASH』の報道では、ファミリーマートの店員が“店長の判断で400円に値下げした”と明かしていました」(週刊誌記者)

 

そんなコムドットといえば、7月にチャンネル登録者数が400万人を切ったことも波紋を呼んだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル