top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

マッドな世界に“暗黒の天使”が誕生。サーガ最新作「マッドマックス:フュリオサ」

キネマ旬報WEB

 

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で強烈な存在感を放ったフュリオサ。その若き日の過酷な戦いの物語を、サーガの創始者ジョージ・ミラーが引き続きメガホンを執って描いた「マッドマックス:フュリオサ」が2024年に全国公開される。ビジュアルとUS版予告編が到着した。

 

 

世界崩壊から45年。故郷の“緑の地”でさらわれたフュリオサは、ディメンタス将軍率いるバイカー軍団の手に落ちる。彼らはイモータン・ジョーが統べる城塞都市の覇権をめぐり、争いを繰り広げていた。そんなマッドな世界でフュリオサは、数々の試練を乗り越えながら故郷への道を探すのだった──。

広告の後にも続きます

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でシャーリーズ・セロンが務めたフュリオサ役を引き継いだのは、『クイーンズ・ギャンビット』「ラストナイト・イン・ソーホー」のアニャ・テイラー=ジョイ。ディメンタス将軍は「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワースが演じる。

 

 

「『怒りのデス・ロード』は3日2晩の出来事でロードムービーでしたが、この映画は15年にわたるフュリオサの物語です」とジョージ・ミラーは説明する。予告編の最後には、バズカットで変貌したフュリオサが登場。“暗黒の天使”誕生の物語から目が離せない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル