top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ムカデ人間2』カラー版の世界初上映も 「第1回東京国際叶井俊太郎映画祭」開催決定

Real Sound

「第1回東京国際叶井俊太郎映画祭」ビジュアル

 映画宣伝プロデューサー・叶井俊太郎が手がけてきた作品を上映する「第1回東京国際叶井俊太郎映画祭」が、12月16日と17日にヒューマントラストシネマ渋谷で開催されることが決定した。

参考:『首』好スタート、北米では『ゴジラ-1.0』も公開 日本だけじゃない日本映画のマーケット

 90年代前半から約30年、宣伝プロデューサーとして空前の大ヒットを飛ばす一方、壮絶な大コケ記録も作り、TVドラマ『東京ラブ・シネマ』(フジテレビ系)のモデルにもなった叶井。1年半前に余命半年の宣告を受け、現在はステージ4の末期ガンであることを明かしている。

 本映画祭では、そんな叶井が手がけてきた数々の作品の中から選りすぐりの4作品を上映。『いかレスラー』『ヅラ刑事』などを手がけた、盟友・河崎実監督と叶井のタッグにして最大のヒットとなった『日本以外全部沈没』、叶井が手がけた動物パニック映画最大のヒットとなった『キラーカブトガニ』、『ムカデ人間』シリーズの中から『ムカデ人間2』カラー版の世界初劇場上映、そして『屋敷女 ノーカット完全版』がラインナップされている。

 また、各作品とも、叶井と映画評論家・江戸木純とのトークを予定。叶井は映画祭開催について、「マジで映画界初! フルネームでの映画祭やってくれるとは! 死ぬ前に伝説作れた!」とコメントしている。

広告の後にも続きます

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル