top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

山本舞香、“相棒”相葉雅紀のかわいらしさを語る 撮影現場は「最初から居心地がいい」

Real Sound

山本舞香(撮影:池村隆司)

 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』で初のヒットマン役を好演している相葉雅紀。

 参考:【写真】山本舞香 撮り下ろしカット(全4枚)

 そんな相葉演じる主人公・稲葉十吉の頼れる相棒とも言える存在が、山本舞香演じるちなつだ。サラリーマンでありながら、伝説の殺し屋の名を継ぐことになった十吉の正体を知る人物で、時に十吉を利用し、時に信頼している様子を見せる。

 リアルサウンド映画部では、そんな小悪魔的ヒロインを演じる山本にインタビュー。ドラマ初共演となった相葉の印象や、本作の見どころを聞いた。(編集部)

■相葉雅紀との撮影現場は「最初から居心地がいい」

広告の後にも続きます

――『今日からヒットマン』の印象を聞かせてください。

山本舞香(以下、山本):お話をいただいた時点で絶対に面白いんじゃないかと原作を調べてみたら、ちなつの絵が結構過激だったんですよ。私はそんなにナイスバディじゃないので、プロデューサーさんに「大丈夫ですか?」と確認してしまいました(笑)。脚本のオークラさんとは以前、東京03さんや(山下)健二郎くんと一緒にやった『漫画みたいにいかない。』(Hulu)でご一緒したことがあります。『今日からヒットマン』の脚本を読ませてもらったときも、コメディ作品ですごく面白そうだと思いました。キャストの皆さんのお名前を聞いて、顔合わせをして、本読みをして。その時点でもう、作品を撮っていくのが楽しみでした。

――最初から手応えがあるスタートだったんですね。

山本:最初はどうやってちなつを作っていこうかと考えていました。ちなつはチャラい感じで登場しますが、十吉と出会って彼のことをよく知り、「一緒に相棒を組んでほしい」とお願いしている姿にはかわいらしさもある。そこを出していきたいという思いでしたね。現場で相葉さんと芝居の掛け合いをする中で、様子を見ながら、ちなつという人物を作り上げていきました。

――その中で、特に意識した部分があれば教えてください。

山本:周りを見ながら「ここは強くいなきゃいけない」「ここはふざけていいかな」とメリハリを意識しつつ演じています。アクションシーンのときはキリッとしたお芝居をして、十吉とふざけていいシーンでは存分にふざけて十吉をいじりまくっていますね。そうすることによって、ちなつのカッコよさとかわいらしさのメリハリがつくのではないかと思っています。ちなつにはプロの殺し屋の相棒としての顔があるので、何事にも動じない雰囲気が出ていたら嬉しいです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル