top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『隣人 X』 原作者 パリュスあや子インタビュー「相手をわかったつもりになるのは、とても危ういこと」

Real Sound

 フランス在住の作家・パリュスあやこによる小説『隣人X』を原作とする映画『隣人X -疑惑の彼女-』が、本日12月1日(金)より全国公開された。

参考:小川哲、なぜ自らを小説の主人公にした? 最新作『君が手にするはずだった黄金について』を語る

 ある日、日本は故郷を追われた惑星難民Xの受け入れを発表。人間の姿をそっくりコピーして日常に紛れ込んだXがどこで暮らしているのか、誰も知らない。Xは誰なのか? 彼らの目的は何なのか? 週刊誌記者の笹は、スクープのため正体を隠してX疑惑のある良子へ近づく。ふたりは少しずつ距離を縮めていき、やがて笹の中に本当の恋心が芽生えるーー。

 良子を演じるのは7年ぶりの映画主演となる上野樹里。そんな良子に惹かれていく記者を林遣都が演じるほか、台湾の実力派・黃姵嘉(ファン・ペイチャ)、野村周平、川瀬陽太、嶋田久作、原日出子、バカリズム、酒向芳らが顔を揃える。第14回小説現代長編新人賞を受賞し、次世代作家として大きな注目を集めるパリュスあや子の小説を、熊澤尚人監督が新たな視点を盛り込み完全映画化している。

 原作者のパリュスあや子に、本作に込めた思いや映画の感想を聞いた。(リアルサウンド ブック編集部)

広告の後にも続きます

■相手をわかったつもりになるのは、とても危ういこと

――『隣人X』の映画化に際して、監督の熊澤尚人さんは「見えない偏見」というテーマを大事にされていたことが、文庫版に収録されたインタビューでも語られていました。

パリュスあや子(以下、パリュス):人はどうしても理解できない他者におそれを抱き、阻害したいという気持ちが芽生えてしまう。それでも他者と関わりながら生きていくにはどうしたらいいのか、というのが小説『隣人X』を通じて書きたかったことの一つでした。主人公を三人の女性にしたのは、それぞれが偏見に晒される痛みを描くと同時に、そんな彼女たちのなかにも、無自覚に他者に向ける偏見のまなざしがあるのだということを描きたかったから。だから、監督が丁寧に読みこんでくださったのが、とても嬉しかったです。

――小説の主人公は、大企業勤めだけれど新卒派遣社員の紗央、就職氷河期世代で現在はバイトを掛け持ちしている良子、そしてベトナムからの留学生・リエンです。映画では、小説より少し年齢を下げた良子を上野樹里さんが演じ、中心人物として描かれますね。

パリュス:良子だけでなく、ほかの二人も、本来であれば主人公として立つには個性が弱いと思うんです。原作では「平均」という言葉を何度か使いましたが、私はあえて三人を、目立ったところの何もない平均的な女性として描きました。社会に上手になじむために、理不尽に傷つけられることのないよう、息をひそめるようにつつましく日々を生きている。そういう人って、けっこう多いんじゃないかと思うんですよ。自分を押し殺すのはしんどいけれど、誰とも摩擦が起きないのはラクですし、それなりに楽しくやっていくこともできますから。

――上野さんが演じる良子も、静かに淡々と、自分なりに日々を楽しんでいましたよね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル