top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

吉高由里子 “新しい女性”の生き方について思いを貫く伊藤野枝に 「風よ あらしよ 劇場版」予告

映画スクエア

 2024年2月9日より劇場公開される、2022年にNHKBS4K・8Kで放送された、吉高由里子主演のドラマの映画版「風よ あらしよ 劇場版」の、予告編が公開された。

 予告編は、暮らしの中であらゆる社会矛盾に異議を申し立て、反感を買いながらも、“新しい女性”の生き方についてひたむきにその思いを貫く野枝の情熱と、その後に発生する関東大震災による不安や混沌とした空気感が描き出されている。

 あわせて公開された場面写真では、物語の中心となる伊藤野枝(吉高由里子)のほか、野枝の演説を聞く大杉栄(永山瑛太)、青鞜社を支える平塚らいてう(松下奈緒)、学生時代の野枝の思いを親身にきく辻潤(稲垣吾郎)などの姿が収められている。

 「風よ あらしよ 劇場版」は、今から100年前に、筆一本の力で、結婚制度や社会道徳に真正面から異議を申し立てた女性である伊藤野枝を描いた作品。関東大震災後の混乱のさなか、女性解放運動家の伊藤野枝が憲兵に虐殺された。そんな伊藤野枝が、平塚らいてうの「元始、女性は太陽であった」という言葉に感銘を受け、バイタリティあふれる情熱で「青鞜社」に参加し、ジェンダー格差や貧困などの社会矛盾に異議を申し立てていく姿を描く。

 吉川英治文学賞を受賞した村山由佳の評伝小説を原作とし、向田邦子賞受賞の矢島弘一が脚本を、梶浦由記が音楽を担当した。本作の演出を務めたのは柳川強。「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の波乱万丈の人生を描いたNHK連続テレビ小説「花子とアン」のディレクターも務め、本ドラマでも主演を演じた吉高由里子とは9年ぶりのタッグとなった。

広告の後にも続きます

【作品情報】
風よ あらしよ
2023年2月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開
配給:太秦
©風よ あらしよ 2024 ©村山由佳/集英社

 
   

ランキング(映画)

ジャンル