top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ワイン風呂がよくて「豚骨スープ風呂」はなぜダメなのか! 批判殺到「老舗銭湯」のイベント中止を惜しむ声

アサ芸Biz

 東京・高円寺にある老舗銭湯「小杉湯」は、予定していた「豚骨スープ」を使用した入浴イベントの開催を中止すると発表した。同施設がX(旧Twitter)に投稿した風呂に豚骨スープの素を混ぜる動画をアップしたところ、批判が殺到していた。なぜ豚骨スープ風呂はダメだったのだろうか?

小杉湯は11月26日に『お湯の中で、思ったんです。麺になるって、どんな気持ちだろう?』と同28日、29日の2日間限定で同じ高円寺にある人気博多ラーメン店『ラーメン健太』とコラボした博多ラーメン風呂を開催すると発表しました。しかし、開催当日の28日にバケツに入った豚骨スープの素を浴槽に投入する動画を投稿すると、ネット上には《さすがに気持ち悪い》《ニオイがキツそうだし、豚骨風呂に興味のない常連さんが可哀想》など批判的な声が殺到したのです」(ネットライター)

 これを受けて小杉湯は、29日の豚骨風呂の開催中止を発表した。衛生管理上の注意はしっかりと行っていたというが、「皆さまに『安心して、きもちよく』お風呂に入って頂くため」中止を決断したという。なお、風呂は高濃度塩素で配管清掃したといい、清掃する画像や動画も投稿しており、「清潔で、きもちのいいお風呂を準備してお待ちしております」と呼びかけた。

「豚骨スープ風呂はこれまで他の施設でも登場していますし、豚骨スープの素を使った入浴剤も販売されていました。それに、小杉湯で使用された豚骨スープの素は『臭みもキツくなく、お湯としても楽しんでいただける香り』だそうで、アレルギー情報も添付するなどかなり真剣に取り組んでいたのです。ただ、老舗の銭湯が冗談半分で食べ物を粗末にするようなイベントを開催したという風に捉えてしまう人もいたようで…。ワイン風呂やお茶風呂などは普通にあるのに、豚骨スープがダメという理由もよく分かりませんが、小杉湯さんが迅速に対応して企画を中止したのは賢明な判断だったのではないでしょうか」(フリージャーナリスト)

 なお、豚骨スープ風呂の開催中止に対しては惜しむ声も少なくない。

広告の後にも続きます

小林洋三

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル