top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「SHINeeはいつでも皆さんの側に」 5年ぶり日本アリーナツアーに感じたキャリアの偉大さ

Real Sound

SHENee(写真=田中聖太郎)

 デビュー15周年を迎えたSHINeeが11月28日、約5年ぶりとなる日本アリーナツアー『SHINee WORLD VI [PERFECT ILLUMINATION]』の東京公演を国立代々木競技場第一体育館で開催した。

(関連:SHINee、デビュー15周年記念ファンソングで伝える想い 何気ないシーンから感じるメンバーの“絆”

 ONEW(オンユ)が休養中ということもあり、今回の公演はKEY(キー)、MINHO(ミンホ)、TAEMIN(テミン)の3人でパフォーマンスが行われた。そのステージは冒頭から圧倒されるクオリティで、彼らが2008年から築いてきたキャリアの偉大さと、ファンへの大きな愛と感謝の気持ちを感じられる約2時間となった。本稿では、その様子をレポートする。

 鳴り響いていたBGMが終わり、薄暗くなった会場から「Runaway」の特別編集バージョンが流れ始めると、今日の公演に駆けつけたファンの持つペンライトがエメラルドグリーンの波を作り出していく。そして突如、メインスクリーンがザワザワと砂嵐のような画面となって不穏な動きを見せ、会場が真っ暗に。

 舞台が再び明るくなったかと思うと、SHINeeの3人がメインステージに登場し、会場には大きな歓声が沸き起こる。「東京久しぶり!」「Are you ready?」のかけ声で「Chemistry」のパフォーマンスがスタートすると、UFOのような見た目をした舞台装置に乗って、KEY、MINHO、TAEMINの3人が観客の頭上へ移動し、クリアに伸びる歌声を響き渡らせる。それまで真っ暗で静かだった会場を一気にSHINeeらしい雰囲気へと塗り替えていく姿は圧巻で、さすが15年のキャリアを持つアーティストだと思わずうなってしまうようなコンサートの始まりだった。

広告の後にも続きます

 続いて、マイクスタンドを持ったメンバーが「Dream Girl (Japanese ver.)」を披露すると、会場からはメンバーの歌声に合わせて大きな掛け声が。そのまま休むことなく、バックダンサーを従えて「Heart Attack」をパフォーマンス。「Like It」では冒頭で日本のファンとの再会を喜ぶかのようにメンバーが会場に手を振る姿も見られたほか、各メンバーの見せ場ではおよそ1万人の観客から感激の声があがり、ファンを大いに魅了した。その後、「Atlantis」をパフォーマンスしてMCへ。

 「こんばんは、SHINeeです!」と全員で挨拶すると、TAEMINは「皆さん会いたかったですか?」「今日1日よろしくお願いします!」と笑顔でコメント。MINHOは「東京、久しぶりですね。皆さん、最後まで応援よろしくお願いします!」と挨拶し、KEYは「代々木、お久しぶりです! 皆さんテンションどうですか? 最後まで大丈夫ですか?」と会場に問いかけ、客席からは大きな歓声が沸き起こった。

 KEYによれば、代々木でコンサートを開くのは2017年以来、実に6年ぶりだという。メンバーは当時20代後半だったことから、今日までの時間の経過に少し想いを馳せる場面も見られた。

 そして、オープニングで使用したUFOのような乗り物に言及。KEYは「上から見る景色がすごい」「(UFOのような乗り物のセットに)カメラがついているので、たぶんその景色をどこかで見せることができると思う。楽しみにしていてください」と語った。

 また、TAEMINがコンサートのコンセプトを紹介。「みんなと一緒につくるステージです」「みなさんの目線、香り、その姿かたち、その存在だけでこのステージは完成できる。そういうコンサートです」と今回のツアーの趣旨を説明すると、KEYとMINHOは「おおー」と声を漏らし、TAEMINの簡潔で分かりやすいトークに感心した様子。会場からも拍手が沸き起こり、終始和やかな雰囲気で約5分間のトークを繰り広げた。

 MC後は、「Sweet Misery」「CØDE」を続けて披露すると、中央ステージに置かれた椅子を使って「데리러 가 (Good Evening)」をパフォーマンス。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル