top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫のノミ取りついでに売春?少年との性愛「陰間茶屋」には女性客も!江戸時代の買春システム【後編】

Japaaan

女性の心を奪い夢中にさせて多額のお金を遣わせる……今、国会でも取り上げられているホストクラブの売掛け金システム。

SNSが発達した現代ならではのような気がしますが、実は女性が見目麗しい男性に入れあげ大金を貢ぎ、その見返りとして性愛を求める「役者買い」などは、花柳界の芸妓、裕福な商家の後家、公家の姫様、大奥のお女中ほか、お金持ちの女性の間で流行っていました。

好きな男に大金を貢ぐ!江戸時代の買春システム「役者買い」に大奥の女中も病みつきに【前編】

広告の後にも続きます

【後編】では、歌舞伎役者以外にもあった「女性客に求められれば体も売る、裏の性愛家業」をご紹介します。

表向きは風変わりな稼業、裏では……

江戸時代、見目麗しい若い歌舞伎役者にいれあげてお金を貢ぐ「役者買い」、そして若くたくましい肉体を誇る相撲取りに入れあげる「相撲取り買い」などが、お金持ちの女性の間で流行っていました。

けれども、買春の対象になっていたのは歌舞伎役者や相撲取りだけではなかったようです。

「猫ののみ取り」浪人が部屋に上がり込み…

たとえば、数年前に映画化されたことで話題になった「のみとり侍」。原作は作家・小松重男の「蚤とり侍」で、その表題の通り主君の不興を被ってしまい、越後長岡藩を追放された侍が浪人となり、表向きは街を流しながら「猫の蚤とり」という変わった商売を行いながらも、実は女性相手に体を売って性愛の相手をしている……というお話です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル