top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「甘すぎ」安楽選手 パワハラ被害10人も球団はサポート宣言、25年以降の再契約にも含み…対応に募る批判

女性自身

11月30日、楽天イーグルスの森井誠之球団社長が会見を開き、安楽智大選手(27)のパワハラ疑惑について言及。「これまで報道がなされていた事象について安楽選手に関してほぼ事実ということが判明」と説明し、安楽選手を契約保留選手名簿から外すことを発表した。

 

パワハラ疑惑を受け、25日より球団は全選手、コーチ、スタッフを合わせた合計137人に対してアンケート調査を実施していた。有効回答が得られた92%のうち、直接的な被害を受けたと自覚している選手は約10名、パワハラを見聞きしたことがある人は約40名にのぼったという。

 

その後、アンケート結果をもとに本人への事実確認を行ったといい、平手打ちされたという主張は両者で認識の齟齬があったが、ロッカールームで後輩選手を逆立ちさせ裸にしたことは事実であると認めた。

広告の後にも続きます

 

パワハラを「球団としては見過ごすことのできない重大な事象」とした球団側だが、安楽選手への“温情”も見せている。

 

安楽選手から謝罪の申し出があったといい、これに森井球団社長は「まずは本人が皆さんに謝罪をしたいと申している、そのサポートを全力ですることだと思う」と謝罪の場を設ける予定であるとした。また、謝罪の場をどのように設けるのか尋ねられると「しっかりと丁寧に口で説明する場としては、キャンプのスタート前のタイミングで全員集まる場面、そういった場面をその場として考えております」と説明。

 

さらに、来年の再契約については否定したものの「当然彼の将来を全て否定するものではないというところはありますので、今後彼の行動・行い、それも含めて、面倒を見ると言ったら変ですけれども、我々に所属した選手ですので、しっかりと見てあげたいなと思います」と2025年以降の再契約の可能性について含みを残した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル