top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

水川あさみ ブギウギ好演にあった「舞台恐怖症」“姉”宮沢りえの助言で克服

女性自身

「ずっと趣里ちゃんが震えながらリハーサルから泣いてらっしゃった。私は台本には明るく笑顔でお別れをするイメージだったし、気丈に振る舞っていたいなと最後まで思っていたんですけど、本番になるとどうしてもそれが抑えられなくて(涙が)あふれちゃった。こらえられなかった感じでした」

 

11月24日、連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK)でヒロイン・趣里(33)の母親・ツヤ役を演じた水川あさみ(40)が『あさイチ』(NHK)に生出演。ツヤが亡くなった涙のシーンの裏側を語った。NHK関係者は言う。

 

「水川さんは大阪出身で実家もNHK大阪に近く、撮影終わりに実家に寄ることも多かったそうです。趣里さんとは7歳差ながら母親役を演じることに当初は戸惑いもあったとか。ただ、そんなことは微塵も感じさせない熱演で、朝ドラ前半戦を盛り上げてくれました」

広告の後にも続きます

 

いまや演技派で知られる水川だが、10年前に女優として大きな転機があったという。

 

「13歳で役者デビューした水川さんはキャリアを重ねるにつれ、周囲から演技のダメ出しを受けることがなくなり、閉塞感を覚えていたそうです。そのとき出会ったのが、大河ドラマ『江』(’11年)で共演した宮沢りえさん。姉妹役だったこともあり、宮沢さんの忌憚のない意見に水川さんは連日刺激を受けたそうです」(舞台関係者) 水川はかつて宮沢についてインタビューでこう語っていた。

 

《1年間1つの役をやると、役を超えたところで感情が出ることがある。りえさん演じる茶々が亡くなるシーンでは、リハーサルからボロボロ泣いた。芝居でこんな気持ちになるんだと気付いて、意識が変わった。そんなとき、りえさんから『怖がることじゃないから、舞台をやってみなよ』と言われた》(デイリースポーツ’13年8月18日付)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル