top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「誰も注意しなかったの?」楽天・安楽のパワハラ認定で問われる田中将、則本ら先輩の“指導責任”

女性自身

複数の若手選手への“パワハラ疑惑”に揺れる、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの安楽智大(27)。森井誠之球団社長(49)は11月30日に開いた会見で、「報道はほぼ事実」とハラスメント行為があったことを認めた。

 

衝撃が広がるなか、先輩の立場にある選手たちの責任を問う風潮が高まりつつある。

 

楽天では複数の若手選手からハラスメントを受けたとの相談があったことから、選手や監督、コーチなど137名を対象にアンケート調査を実施。森井社長によれば「直接的な被害を受けたと自覚している選手は約10名」で、「見た聞いたという選手は約40名」だったという。

広告の後にも続きます

 

「ハラスメント行為の内容については、安楽選手が他選手を平手打ちしたなどと報じられていました。しかし球団側のヒアリングによると平手打ちした事実はなく、『身体的に押したという事実があった』とのこと。とはいえ、ロッカールームで逆立ちをさせて下半身を露出させた行為や、『バカ』『アホ』と発言したことは事実だったようです。安楽選手は『大変申し訳ない』と猛省しているようですが、球団は自由契約にすると明らかにしました」(スポーツ紙記者)

 

会見で森井社長は選手たちの心情にも言及し、「“自分が注意できなかったのか”と深く反省している選手がほとんど」とコメント。「“仲良くしゃべっているから犯人だろう”(という憶測)とか、映像で切り取られてしまうという現状もあるので、それだけは是非避けていただきたい」と語り、「批判をするんであれば、球団の方に。球団の管理体制を問うてほしい」と求めた。

 

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル