top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

<フル>福山雅治が苦戦 初のディズニーミュージカルへ 「舐めていたわけでは‥」 映画『ウィッシュ』ジャパンプレミア

フィールドキャスター





ディズニー100周年記念作品、映画『ウィッシュ』のジャパンプレミアが行われ、日本語吹き替え版声優の生田絵梨花さん(アーシャ役)、福山雅治さん(マグニフィコ王役)、山寺宏一さん(バレンティノ役)、檀れいさん(アマヤ王妃役)が登壇しました。



福山さん演じるマグニフィコ王は、ディズニー史上最恐のヴィラン。
演じてみて「このキャラの役割を僕の解釈で言うと、正しくある、正義である、というのはどういうことかというのを表現している存在かと思う。悪役ということだがマグニフィコ王は本来、世の中を良くしたいと思い、その国で共に暮らす人々に正しさを追求し、突き詰めていった。しかし結果、正しくない側に転じてしまった人だと思った」と説明しました。



また作品の魅力について「つまりこれはウソがない作品なんだなと思った。世界は正しいと思っていることと、正しいと思っていること同士がぶつかり合って、良くないことが起こるのが人間同士のどうしようもなさ。その嘘のなさをしっかりと表現がしている」とアピールしました。



福山さんにとって、初挑戦だったというミュージカル。
収録を振り返り「ものすごく大変だった。別に舐めていたわけではないけど‥ お芝居も音楽もやったことはあるけど、それが一つになっているミュージカルという表現は全く別物なんだなと感じた。同じ畳の上で道着を着るけど、空手と柔道は違うみたいな。さらにそれが一緒になった感じ。声もえらい使ったし、枯れた」と明かしました。



退場時は、観客に拍手で送られた声優陣。
福山さんは、檀さんの手を取りエスコート!
見事な紳士ぶりに、さらに拍手が沸き起こりました。



映画『ウィッシュ』は、12月15日(金)より 全国公開!


 
   

ランキング(動画)

ジャンル