top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

愛される女性が「仕事が忙しい彼」に伝えている意外な言葉

マイナビウーマン

だからこそ「ごめん仕事が……」という事態も起こるはずです。楽しい電話中にそろそろ切らないといけないという時もあれば、デート前日に仕事を理由にキャンセルされる時もあるでしょう。

ここで大切なのは、それは仕方がない、という考え方です。

社会人として、仕事を優先しなくてはいけない時はあるものです。実際問題、働かないことには、貴女とドライブデートする時のガソリン代も捻出できないのですから。

彼が仕事を優先することがあっても、それは仕方がないことなのです。

それに対して「仕事と私とどちらが大切なの?」と問いかけても酷というものです。

広告の後にも続きます

特に彼が仕事を自己実現だと捉えているタイプの場合、仕事に対して不満をぶつけると、とたんに関係に亀裂が生じてしまいます。彼が大切にしているものを否定したことになるからです。

そんな時こそ、このラブスペルを唱えて、むしろ背中を押してみましょう。彼がホッとしたように喜んでくれるのを感じるでしょう。必ず、大きな愛を返してくれるはずですから。

■ラブスペルの使い方

彼が仕事を理由に持ち出した時に唱えましょう。

電話を早く切らないといけなくなった時でも、デート前日にキャンセルしないといけなくなった時でも、なんなら結婚してから彼を仕事に送り出す時でも使えます。

さっぱりした感じで唱えるのがコツです。

くれぐれも未練がましく唱えてはいけません。彼が罪悪感を覚えなくてもいいように(貴女をひとりにしてしまうという罪悪感です)唱えるのですから。

■相手が夢中になっているものを否定しないこと

このラブスペルはくれぐれも「男性が働くべきで、女性は見守るべきだ」という話ではありません。

単に恋人が働くことに生きがいを見出している場合は、それを応援する側に回った方が恋は上手くいくものだという話をしているに過ぎません。仕事が好きな女性も、それに歯痒い思いをしている男性もいるでしょうから、そのまま男女逆のカップルが唱えても成立するでしょう。

また相手が仕事ではなく、趣味や、別の世界に夢中になっている時も同様です。そこに不満をぶつけるのではなく、一度、寄り添ってみるスタンスの方が心を開いてくれるものですよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル