top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

RAISE A SUILEN・夏芽、西川貴教と共演でガチオタ炸裂 初めて購入したCDは「WHITE BREATHです!」

WEBザテレビジョン

西川貴教がMCを務める『ニシナナステーション』が11月23日にライブ配信を実施。ゲストには、RAISE A SUILENが登場。配信終わりのゲストにライブ配信に出演した感想や、共演した西川の印象などを聞いた。

■特別ゲストにRAISE A SUILENが登場

新番組『ニシナナステーション』は、西川がMCを務め、リスナーやゲストタレントとの軽快なトークを繰り広げるライブ配信番組。また、6月に「17LIVE」からデビューしたVライバーガールズユニット、戦国武将「武士来舞(BUSHILIVE)」のNobuka(信華)、Mitsuha(三葉)、Hidemaru(ひでまる)、Saku(雀)、Shina(紫衣奈)の5名がサブMCを務める。

特別ゲストとして登場したRAISE A SUILENは、Ba.&Vo.Raychell(レイヤ役)、Gt.小原莉子(ロック役)、Dr.夏芽(マスキング役)、Key.倉知玲鳳(パレオ役)、DJ紡木吏佐(チュチュ役)の5名からなる、アニメ、ゲーム、コミック、声優によるリアルライブなど様々なメディアミックスを展開する次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」から生まれた第3のリアルバンド。

配信が始まると、メンバーの夏芽が西川のガチオタクだと早くも告白。西川は「大きく発信してくれていたみたいで、色々なところから(耳に)入ってきていたので…本当ですか?私でいいんでしょうか?(笑)」と質問されると、大きな声で「もちろんです!」とオタク全開で返答した。

■ 夏芽、西川へのガチオタが炸裂…憧れの存在は「西川貴教さんです!」

さらに、リスナーからのメールで西川と共演できた感想を聞かれた夏芽は「サイコー!サイコー!」と腕を上にあげ喜びを爆発させた。

また、イチナナの“ナナ”にちなんで番組が用意した7つの質問に一問一答形式で間髪入れずに回答するコーナー“ナナの質問”でも、夏芽のガチオタが炸裂。「はじめて買ったCDは?」という質問では「T.M.Revolutionさんの『WHITE BREATH』です!」と回答。

他にも、「皆さんの憧れの存在は?」といった質問に対しても「皆さんもうわかっているじゃないですか!西川貴教さんです!」と満面の笑みで答えた。

配信の最後には、彼女たちから「2024年6月15日(土)、16日(日)に東京ガーデンシアターにて、単独ライブの開催が決定しています」「そして、RAISE A SUILEN初のミニアルバム『REVELATION』が好評発売中です!お手にとって聞いていただけたら嬉しいです」と告知を行い配信は終了した。

RAISE A SUILENは12月2日(土)、ベルサール秋葉原にて開催される「イチナナライバー EXPO 2023」への出演も決定している。

■配信終わりのRAISE A SUILENにインタビュー

――はじめに『ニシナナステーション』に出演した感想をお聞かせください。

夏芽:今になって泣きそうになってきました…。本当にありがとうございます。楽しかったです!

紡木:夏芽の夢が叶って本当によかったなと…保護者のような気持ちです(笑)

Raychell:出演が決まった時に泣いて喜んでいました。

――共演してみて改めて感じる西川さんの“凄み”を教えてください。

夏芽:個人的なことなんですが、私がドラムをやっていると知ってもらえていたことが嬉しかったです。また、メンバーみんなに話を振るMC力にも改めて凄さを感じました。あとは何より声がいい…。

小原:最近筋トレを始めたんですが、生で西川さんの鍛えている身体を拝見して、凄みを感じることができました。私も西川さんくらい良い身体になれたらと思います。

倉知:やはりオーラが溢れ出ていました。常に落ち着いてMCをされていて、「長年芸能界にいる西川さん凄いな」と実感しました。

――コロナ禍でアーティストの方がライブ配信を行う機会も増えました。ライブ配信の価値を感じるところは?

小原:やはりどこからでも映像を見られることは一番の価値だと思います。生で足を運んで見ることもすごくかけがえのない瞬間ではありますが、事情があって見られらない人もいるので…。また、海外からも見ることもできるので、制限なくライブを見られるのは魅力的です。

倉知:会場だとステージの上まで見ることは難しいですが、配信では楽器を演奏している手元など細かいところまで見ることができるので、生より精密に映像で見られるのも魅力の一つだと思います。

――残すところ約1カ月で2024年がやってきます。どのような年にしたいですか?

紡木:2023年に単独ライブをやらせていただく機会が増えたので、2024年はフェスにも参加していきたいですし、ツアーもできたら嬉しいです。

Raychell:2024年はさらにパワーアップした RAISE A SUILENでサウンドを届けていきたいですし、私たちを知らない人たちにも知ってもらえる機会を増やしていきたいです。また、デビューシングルの歌詞に「世界へと憑依する」という歌詞が入ってもいるので海外にも挑戦できるよなグループになりたいです。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル