top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

欧州でも高まるBリーグ人気。アルバルク東京のグダイティスが力説「日本ではすべてがオーガナイズされている」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

欧州でも高まるBリーグ人気。アルバルク東京のグダイティスが力説「日本ではすべてがオーガナイズされている」<DUNKSHOOT>(C)THE DIGEST
 欧州のバスケファンから支持を集めるリトアニア系のバスケットボールサイト『Basket News.com』。そのYouTube番組の最新エピソードに、今季ギリシャのパナシナイコスからBリーグのアルバルク東京に加入したアルトゥーラス・グダイティスと、NBAニューオリンズ・ペリカンズ所属のCJ・マッカラムの兄で、トルコリーグで活躍するエリック・マッカラムが登場。グダイティスが体験中の日本のバスケ界やBリーグについて、興味深いトークが展開された。

 まず初めに、進行役のジャーナリスト、ドナタス・ウルボナスを含め、全員が感銘を受けていたのが、「日本ではすべてがきちんとオーガナイズされていること」。とりわけ選手のスケジュールについてだ。

 グダイティスが、現時点で来年1月7日までのトレーニングスケジュールや、2~3週間先のチームランチ&ディナーの予定が知らされていると語ると、マッカラムは驚きの表情。ヨーロッパなどでは、翌週の予定を日曜日に知らされる、なんてこともザラなのだという。
  マッカラムは「トレーニングスケジュールがわかっていれば、例えば選手たちはコート外のアクティビティを前もってプランすることもできる。だからそれは素晴らしいことだ」と、予定を把握できることの利点を語る。

 日本人にとっては普通に思えることが、「日常生活のクオリティ向上につながる」と選手たちにありがたがられているというのは興味深い。実際マッカラムは、選手仲間から日本のリーグについては良い話しか聞いたことがないそうだ。

 アルバルクは東京・お台場エリアに新アリーナを建設中で、完成予定の2025年以降はさらに素晴らしい設備が選手やファンに提供されることになるが、現時点でもすでに、Bリーグのファシリティは、グダイティスいわく「NBA並」だという。

 2015年のNBAドラフトでフィラデルフィア・76ersから全体47位指名を受けているグダイティスは、NBAはサマーリーグのみの経験ではあるものの、欧州では母国リトアニアをはじめ、イタリア、ロシア、ギリシャと様々なリーグを体験しており、その上でのコメントだ。

「いつ行っても食事が用意されていたり、何が選手たちにとってベストかを常に考えてくれている。だからすごく快適に過ごせるんだ」と日本での快適さを強調した。 2部練習の時には、練習の合間にゆっくり休養を取れる個別の休憩スペースもあるそうで、こうした環境が整えられていることで、「選手はバスケットボールをプレーすることだけに集中できる」と、欧州のバスケ大国リトアニア出身のビッグマンは感じている。

 それからもうひとつ。近年、アメリカやヨーロッパの選手たちにとって、日本のBリーグが大きな魅力になっている理由は、「選手寿命を延ばせること」にあるようだ。

 日本代表として2019年のワールドカップ出場に貢献し、今季限りでの引退を表明しているニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)は38歳。3×3ワールドカップの日本代表に選ばれた茨城ロボッツのトーマス・ケネディは36歳。2020年に帰化した東京五輪代表のギャビン・エドワーズ(宇都宮ブレックス)は35歳。元日本代表で、今季から千葉ジェッツでプレーするアイラ・ブラウンは41歳だ。

 グダイティスいわく、ヨーロッパでは30代後半を過ぎると一線でプレーする機会は一部の選手に限られるが、日本では特定のスキルなどチームに寄与できるものを持っていれば、年齢を重ねても活躍の場が与えられるという認識が、選手たちの間にあるのだという。
  日本で5年間プレーし、言語や風習などを学ぶことで帰化申請する資格も得られる。帰化選手は、ベンチ3名、オンコートに最大2名という外国人枠とは別に1枠を与えられるから、チーム側にとっては選択肢が、現役でプレーを続けたい選手にとってはより長く活躍することにつながる。

 グダイティスも、選手仲間から「日本に帰化してプレーを続けたい」という声をたびたび耳にするそうだ。

 Bリーグは抜本的な構造改革を行ない、2026年から始動予定の新リーグでは外国人選手の登録枠も現在よりも増える予定。オンコートの人数は無制限になる見込みで、そうなればさらに海外からの参戦は増えそうだ(日本人の、特にキャリアをスタートさせた若手選手たちがプレータイムを得にくい状況が生まれるという懸念も指摘されるが…)。

 とりわけパワーフォワードやセンターのポジションは彼らの定位置になっていて、 今季もB1所属の全24チームがそれらのポジションに外国籍または帰化選手を揃えている。多くのチームでは彼らビッグマンが得点源であり、2019-20シーズンは、得点ランキングTOP10の全員を身長2m超えの海外選手が占めていた。 もっとも、昨季のB1の得点王は身長198cmのペリン・ビュフォード(島根スサノオマジック)で、今季の得点ランクTOP3を占めているのは、河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)、富樫勇樹(千葉ジェッツ)、安藤誓哉(島根)の日本人3人衆だ。

 Bリーグのスタイル自体が、以前のポストプレー中心から変わってきている傾向も見られ、今後はビッグマン以外の実力派外国人選手が増えることで、ポジション争いやマッチアップを通して日本人選手のスキルアップにつながる好循環も期待できる。

 今夏のワールドカップでも、得点部門で全体7位、リバウンド数で同2位と八面六臂の働きを見せたジョシュ・ホーキンソン(サンロッカーズ渋谷)の活躍が、日本バスケをワンランク前に推し進めたのは誰もが認めるところだろう。
  外国人枠に制限のないユーロリーグでは、自国の若手選手が出場時間を得にくい状況にもなっているが、自国リーグではそれぞれ外国人枠があるため、若手は国内リーグで育て、外国人のスター選手はユーロリーグに専念、という使い分けをしているクラブもある。実際に、試合の“勝ち方”を知っている経験豊富なベテランの存在が、チームの底上げに大きく貢献しているのも事実だ。

 いずれにせよ、“NBAに次ぐ世界2位のリーグ”を目指すというBリーグの野望は国外にも着実に伝わっている。選手たちもその成り行きに注目している今、日本でのプレーを目指す猛者たちはますます増えていきそうだ。

文●小川由紀子

バスケの最新世界ランキング、日本が26位に大躍進!アメリカが1位奪還、W杯優勝のドイツは3位に浮上<DUNKSHOOT>

千葉ジェッツが元NBA選手を緊急補強!豪州MVP&W杯で活躍したクックスを獲得し、反撃態勢へ<DUNKSHOOT>
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル