top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

STU48、瀧野由美子 卒業公演開催「アイドル人生何も後悔ないです!」

Pop’n’Roll

【画像はこちら】

STU48が、11月30日(木)にBLUE LIVE HIROSHIMAにて<「花は誰のもの?」瀧野由美子卒業公演>を開催した。

STU48初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」でセンターを務めて以降、全シングルで選抜メンバー入り、累計8作でセンターを務め、STU48を支え続けた絶対的エース・瀧野由美子。

7月29日(土)に神戸で行なわれた<STU48 全国ツアー2023>の初日のステージで卒業を発表し、11月3日には広島グリーンアリーナで卒業コンサートを行なった。

本日の卒業公演をもってSTU48を卒業し、新たなステージへと羽ばいていった。

本編はいつもと変わらない「花は誰のもの?」からスタート。

アンコールでは、11月15日にリリースした10thシングル「君は何を後悔するのか?」を披露。後悔をしながら、歩んで来た道に思いを馳せ、新しい道を進む決意を歌った楽曲であり、STU48らしいメッセージ性の強い、この卒業ソングを力強くパフォーマンスした。

卒業セレモニーでは、瀧野がドレス姿で登場。

石田みなみ、福田朱里が手紙を読み上げた後、この日のために駆けつけた岡田奈々と「てもでもの涙」を歌唱。2017年9月からスタートした初の瀬戸内7県ツアー<STU48瀬戸内7県ツアー〜はじめまして、STU48です〜>で初めて2人がユニットを組んだ思い出深い楽曲の披露となった。

歌唱後に岡田は“ゆみりんがこの7年間いろいろな葛藤もありつつ前を向いて足を止めず走ってきたことを知っているので、本当に今日は卒業おめでとう。7年間STU48でやってきたことがこれからの糧に必ずなると信じて、これからのゆみりんの人生をみんなで応援したいと思います。頑張ってください”と、はなむけの言葉を送った。

最後の楽曲前には瀧野が“私のアイドル人生7年間の最後の曲になります。この曲があったから私は今ここにいます。私にとって思い入れが強く感謝しかない7年間歌い続けてきた曲です”とコメントし感謝を込めて、自身の原点でもある「瀬戸内の声」を全メンバーでパフォーマンス。

盛大なファンからのゆみりんコールの中、“約7年間本当にありがとうございました。アイドル人生何も後悔ないです!”と清々しい笑顔で感謝を伝え、STU48としての瀧野由美子の活動の幕を閉じた。

瀧野由美子卒業コメント
約7年間STU48で活動してきたのですが、1期生としてこのグループに入った時からいつかは卒業する時がくるんだろうなと思っていました。

でもそれは、みなさんに認めてもらって卒業コンサートをさせていただけるような存在、卒業シングルがもらえるような存在、グループの中で必要な存在になってからでないと卒業はできないと心に決めていました。

デビューシングル「暗闇」でセンターを務めさせていただいたことにより、このグループで最初で最後の人になると思い頑張ってきました。

私がいい卒業をすることによってこのグループで頑張ったら沢山、報われるんだよていうことを、自分自身にもファンの方にもメンバーにも感じてほしいなと思って頑張ってきました。

約7年間諦めたくなったり、足を止めたくなったり、少し走り続けることをやめて歩きたくなることもありましたが、きっと止まった分だけ自分の目標とするところからは遠ざかってしまうのかなと思ってからは卒業まで頑張ってみようかなと思いました。

私が7年間続けてきたこともそうですが、みなさんが応援してくださったおかげで広島グリーンアリーナで卒業コンサートをさせていただいたり、卒業シングルをいただけたりと、私の7年間のすべての涙が報われたような気がします。

たくさんつらいことがありましたが、ファンの方もずっと楽しいわけじゃなかったのかな? イベントとかも大変な思いをしてたのかな? ファンのみなさんがいてくれたから私はここまでやってこれたのかなと思います。

そして何より、メンバーは私にとって大きな存在で、私の居場所ってここなのかなって思わせてくれる存在でした。

この大好きなグループにずっとずっといたい。このグループにいたらきっと幸せなんだろうけど、私はグループとは違う道を選ぶことを決断しました。

これから大変なこともたくさんあると思いますが、みんなの幸せを願いつつ自分もしっかり頑張りたいと思います。

7年間ファンのみなさんに支えてもらってメンバーに手を取ってもらい1歩1歩、歩んできました。

本当にみなさんには感謝の気持ちしかないです。

まだまだ卒業の実感がなくて明日からSTU48というお大きな肩書きが外れることによってきっと大変なこととか、自分で一生懸命頑張らなきゃいけないことが増えると思いますが、これからも自分を信じて応援してくれるファンのみなさんを信じながら自分の道に向かってしっかり歩んでいきたいと思います。

今からはイチからいろんなことを学んで自分の夢に少しずつ近づいて行けたらと思います。

ゼロからの気持ちで頑張っていきますので、これからも変わらない優しさで包んでくれたら嬉しいです。

約7年間本当にありがとうございました。

<「花は誰のもの?」瀧野由美子卒業公演>

2023年11月30日(木)
BLUE LIVE HIROSHIMA

広告の後にも続きます

出演メンバー:石田みなみ・岩田陽菜・内海里音・尾崎世里花・甲斐心愛・工藤理子・小島愛子・迫姫華・瀧野由美子・原田清花・兵頭葵・福田朱里・峯吉愛梨沙・森下舞羽・立仙百佳・岡田あずみ

M1 花は誰のもの?(ALL)
M2 暗闇(ALL)
M3 僕はこの海を眺めてる(ALL)
M4 僕らの春夏秋冬(ALL)
MC①
M5 夏の“好き”はご用心(内海・尾崎・原田・森下)
M6 そして人間は無力と思い知る(小島・峯吉・岡田)
M7 Sure、じゃあね(岩田・甲斐・迫・立仙)
M8 ポニーテールをほどいた君を見た(石田(み)・工藤・瀧野・兵頭・福田)
MC②
M9 あの日から僕は変わった(石田(み)・岩田・・瀧野・福田)
MC③
M10 一杯の水(ALL)
M11 一瞬のスリル(ALL)
M12 原点 (ALL)
MC④
M13 船から降りた僕たちは・・・ (ALL)

ENCORE
EN1 君は何を後悔するのか?(ALL)
EN2 ヘタレたちよ(ALL)
MC⑤
EN3 ペダルと車輪と来た道と(ALL)
MC⑥
卒業ブロック
1 てもでもの涙(瀧野・岡田奈々)
2 瀬戸内の声

ⒸSTU/KING RECORDS

10thシングル『君は何を後悔するのか?』
配信サイトはこちら!

10thシングル『君は何を後悔するのか?』歌唱選抜メンバー
石田千穂、石田みなみ、今村美月、岩田陽菜、沖侑果、尾崎世里花、甲斐心愛、工藤理子(初選抜)、小島愛子、信濃宙花(初選抜)、高雄さやか、★瀧野由美子(センター)、中村舞、福田朱里、吉田彩良、立仙百佳

10thシングル『君は何を後悔するのか?』Type A初回限定盤

発売日:2023年11月15日(水)
KIZM-90787~8 ¥1,636+税
CD+DVD
応募抽選シリアルナンバー券封入【※CD帯裏にシリアルナンバー記載】

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル