top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫の目のトラブルを引き起こす「結膜炎」どんな症状?かかったらどう対応すればいい?

ねこちゃんホンポ

結膜炎の症状

結膜炎とは、「結膜」と呼ばれるまぶたの裏側にある半透明の粘膜に、何らかの原因で炎症が起きる状態のことを指します。

結膜炎を発症すると結膜がむくんだり充血するなど、見た目の変化が大きいのですぐに異変に気が付く飼い主さんも多いようです。

結膜炎の主な症状として以下が挙げられます。

結膜や白目の充血 目ヤニや涙が増える 結膜がむくむ 目を痒がる

このような症状が見られたら結膜炎を発症しているかもしれません。

結膜炎を発症すると異物感やかゆみが生じるため、しきりに目を掻いたり壁や家具、床に目をこすりつけることがあります。

広告の後にも続きます

目をこすりすぎると、角膜に傷を付けてさらに症状が悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。

結膜炎になる原因

細菌やウイルス感染によるもの

結膜炎を発症する原因として最も多いのが「ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジア」などの細菌やウイルスの感染によるものです。

ウイルスや細菌が原因の結膜炎の場合、猫同士で感染する可能性が非常に高いため、猫を多頭飼育しているお宅では、ほかの猫へ感染させないために隔離するなどの対策も必要になります。

子猫時代に感染していて症状は現れていなくても、体力や免疫力の低下で再発する可能性もあります。

目に異物が入ったため

ほこりやゴミなどの異物が目に入ったことで結膜が刺激されて炎症が起こり、結膜炎を発症する可能性があります。

それだけでなく、猫用のシャンプーが目に入ったことがキッカケで炎症が起きる場合もあるので、シャンプーの際は目に入らないように注意して洗ってあげてくださいね。

その他

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル