top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「授業料免除の特待生扱い」やっと廃部決定…日本大学はなぜここまでアメフト部に肩入れしたのか

アサ芸プラス

 不死鳥(フェニックス)は蘇らず。11月28日の学内会議でようやく、日本大学アメリカンフットボール部の廃部が決まった。

「真面目にやってきた学生が可哀想」という意見も散見されるが、悪質危険タックル問題やコーチの性ビデオ出演など、過去に数々の不祥事を起こしてきたアメフト部の部員の多くが「授業料免除の特待生扱い」という事実を知っても、同情する人はいるだろうか。

 以前にも触れたが、全国各地の日本大学付属校にはアメフト部やその他の運動部OBの教員が多く配置されており、

「2018年の危険タックル事件後も、聞いてもいないのに『自分は日大アメフト部出身で』と自慢する教員がいました。一歩間違えば相手選手は半身不随になってもおかしくないのに、この人達は何も反省していないんだなと思いました」

 子供を付属校に通わせる保護者は、アキレ返りながらそう話すのだった。

広告の後にも続きます

 危険タックルが起きたのは西のアメフト名門校、関西学院大学との定期戦でのこと。記録が残る公式戦でヒートアップした結果の危険行為ではない。東西名門校同士の交流を深める試合で「相手チームのスター選手をケガさせる」という悪質な指示が飛ぶことも、それに従う選手がいることも、意味がわからない。

 あの時点で、日大アメフト部は廃部すべきだった。不祥事を起こした部の部員が授業料免除で、新型コロナで満足な授業も受けられず、さらに就職活動のタイミングで薬物事件に足を引っ張られた4年生は授業料を全額納めろとは、フザけた話だ。8月の薬物事件会見からたった5日で活動再開させる大甘対応もおかしい。

 なぜ日大はここまで、アメフト部に肩入れしたのか。大学関係者に話を聞くと、

「アメフト部は知名度も人気もあり、大学の象徴であることも当然、影響しました。付属校にアメフト部出身教員が配置されるなど、学内人事でも力を持っているし、日大は体育会OB組織が強固なんです。さらに今から15年以上前、アメフト部と相撲部、田中英寿前理事長は怪文書が飛び交った大学総長選で、日本の医学界の重鎮たる医学部名誉教授の瀬在幸安氏を第10代総長に担ぎ上げ、医学部とそのOBを取り込んでしまった。これが決定的でした」

 あまりにベタな、組織の「筋肉バカVSエリート」の力の均衡が崩れてしまったのだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル