top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

チャーハンが驚きのおいしさに!手作りねぎ油で「家庭の味が生まれ変わった」「明らかに違う」

macaroni

チャーハンが格段においしく。プロ直伝「ねぎ油」の作り方

調理時間:25分

香味野菜の風味がたっぷり溶け込んだ、香り高いねぎ油の作り方です。これさえ使えば、いつものチャーハンがひと味もふた味も違った仕上がりになること間違いなし!

本記事では四川料理店オーナーシェフの井桁さんから過去に伺ったチャーハン作りのコツのなかから「ねぎ油の作り方」をピックアップ。実際にねぎ油を使用したチャーハンを味わった感想をお伝えします。
詳しい記事はこちら▼

4つのコツでパラパラに!フライパン&IHで作る基本のチャーハン術【井桁シェフ直伝】 – macaroni

材料(作りやすい量)

広告の後にも続きます

・サラダ油 …  600cc・長ねぎ(青い部分) …  180g・玉ねぎ …  90g・しょうが …  40g

作り方

玉ねぎとしょうがを切る

玉ねぎはくし切りに、しょうがは薄切りにします。

鍋で香味野菜を煮る

鍋に香味野菜を入れ、サラダ油を加えて火にかけます。

油が温まってきたら弱火にしてじっくり煮込みます。

20分ほど経過して香味野菜が焦げ始めたら火からおろします。

油を濾す

粗熱が取れたらざるで濾して、香味野菜を取り除けばねぎ油の完成です。

できあがったねぎ油は冷蔵庫で2週間、常温でも1週間保存できますよ。

ねぎ油でいつものチャーハンがプロ並みの仕上がりに

できあがったねぎ油でさっそくチャーハン作りに挑戦。調理中から豊かな香りがフライパンから立ちのぼり、その仕上がりに期待が高まります。

できあがったチャーハンをひと口いただくと……芳ばしいねぎの香りが鼻に抜け、普段作っているチャーハンとは明らかに違った仕上がりです。玉ねぎの甘味でまろやかなコクも感じられ、しょうがのさわやかな香りが良いアクセントになっています。

自宅で作るチャーハンには限界があると感じていましたが、ねぎ油の力でのおいしさが格段にアップしました。

チャーハンに炒め物に。ねぎ油を活用しよう

まるでお店で出てくるような、香り高いチャーハンが作れる「ねぎ油」。チャーハンだけでなく、炒め物に使ったりスープにひと垂らししたりとさまざまな楽しみ方ができますよ。日持ちもするのでいろいろなメニューにぜひご活用くださいね。
おすすめの記事はこちら▼

3分で作れる「中華屋さんのスープ」レシピ!「やっと知れた」「これぞ完全再現」の声続出

海鮮チャーハンの基本レシピ。シーフードミックスでもお店の味に!?

おうちで町中華!パラパラの五目チャーハンのレシピ

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル