top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「楽しくお米作りのことが知れた」 都内の小学生が「ヤンマー米ギャラリー」で体験学習 創業者の生き方を学ぶ授業も

もっとエンタメ

 ヤンマーホールディングス(HD、大阪市)は11月初旬、JR東京駅前にある支社ビル1階「ヤンマー米ギャラリー」(入場無料)に、近所の東京都中央区立城東小学校5年生計26人を招いた。コメ作りを学ぶ「総合的な学習」で、同校5年生担当の五十嵐容子教諭からの企業努力と開発ストーリーを子どもたちに話してほしいとのリクエストにヤンマーHDが協力した。

 ギャラリーの見学後、学校に戻った児童たちは、講師役のヤンマービジネスサービスのヤンマーミュージアム・マネージャー三上哲哉氏から、「創業者の山岡孫吉(やまおか・まごきち)にみる『工夫と努力』」について、35分間の特別授業を受けた。

 一連の学習後のアンケートで、児童たちからは、「楽しくお米作りのことが知れた」「農業用機械のことがよく分かった」「家などでお米を食べられるのは当たり前ではないとあらためて気づいた」などとの声が寄せられた。

▼ゲームでお米作りの知恵を学ぶ

 「ヤンマー米ギャラリー」は、東京の玄関といえるJR東京駅八重洲口側に今年1月、オープン。もともとヤンマーHDの東京支社のあった場所に建てられたオフィスと商業フロアの複合ビル「YANMAR TOKYO」(地下3階、地上14階)の1階に設けられた。
「コメ」をキーコンセプトに、全国各地のブランド米が購入できたり、お米の持ち味を生かした料理を提供したりするなど、外国人を含めた訪問客に、日本のコメの魅力を発信するのが狙いという。

 「ヤンマー米ギャラリー」は、ほぼ全面ガラス張りで、開放的な空間になっている。クリエイティブディレクターの佐藤可士和(さとう・かしわ…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル