top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

大谷翔平 “ペアルック”で愛犬にゾッコン!語っていた飼い始めた後の“フラグ”

女性自身

「11月17日にMVPを受賞した大谷翔平選手(29)ですが、当の本人の関心は来シーズンのこと。現地の高級フィットネスジムなどを利用して、手術した右肘のリハビリや、打者としてのトレーニングに励んでいるといいます」(在米スポーツライター)

 

すでに来季に向けてスタートを切っている大谷。そんな彼の私生活に変化が……。前出の在米スポーツライターが明かす。

 

「最近、大谷選手はコーイケルホンディエという中型犬を飼い始めたそうです。MVPが発表された際にも脇に抱えていて、ハイタッチする一幕もあり、仲むつまじい様子でした」

広告の後にも続きます

 

飼い犬と心を通わせている大谷。20年来の愛犬家のようだ。スポーツ紙記者が語る。

 

「岩手の実家では大谷選手が小学1年生のころから、’17年に亡くなるまでの15年間、ゴールデンレトリバーを飼っていて、大谷選手も“弟”として溺愛していたそうです。厳しいリハビリに励むなかで、今回の愛犬の存在は日々の活力となるのではないでしょうか。

 

通訳の水原一平さん(38)も犬を3匹飼っているので、一緒に散歩をしているのでしょう。シーズン中に遠征する際には、水原さんの奥さんが面倒を見ることになると聞いています」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル