top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

瀬戸内海の島でハンセン病からの回復者に密着。熊谷博子監督「かづゑ的」

キネマ旬報WEB

 

「三池~終わらない炭鉱(やま)の物語」(2005)「作兵衛さんと日本を掘る」(2018)など炭鉱に関わる人々を追ってきた熊谷博子監督が、5年ぶりの新作としてハンセン病の元患者に密着したドキュメンタリー「かづゑ的」が、3月2日(土)よりポレポレ東中野ほかで全国順次公開。メインビジュアルと特報が到着した。

 

 

瀬戸内海にある国立ハンセン病療養所〈長島愛生園〉に10歳で入所し、約80年ずっと島で生きてきた宮﨑かづゑさん。病気の影響で手の指や足を切断、視力もほとんど残っていない。それでも買い物も料理も、周囲の手を借りながら自らこなす。

広告の後にも続きます

「本当のらい患者の感情、飾っていない患者生活を残したいんです。らいだけに負けてなんかいませんよ」と力強く語るかづゑさん。他の患者にいじめられ、つらかった子ども時代。家族の愛情とたくさんの愛読書が、絶望の淵から引き上げてくれた。そして夫となる孝行さんと出会い、海沿いの夫婦寮で自然とともに暮らしてきた。

かづゑさんはいつも新しいことに挑戦している。そしてどこか可愛いらしい。76歳でパソコンを覚え、84歳で初の著書『長い道』(みすず書房)を出版。類まれな表現力で日常を瑞々しく綴った同書は、版を重ねている。90代半ばになったかづゑさんは言う。「できるんよ、やろうと思えば」

 

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル