top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

現代人の約半数が「季節の変わり目の不調」を実感 ヤクルトが調査

おたくま経済新聞

 時間の使い方や時間に対する意識とストレスの関係を見てみると、「勤務時間が長い」、「家事時間が長い」と感じている人や「自由時間が短い人」など、時間に追われる生活をしている人ほど、ストレスを感じやすい傾向にあるようです。

 一方で、趣味に打ち込んでいる人や充実した生活を送っている人はストレスが少ないという結果に。毎日の刺激が足りないと感じる人と比較し、刺激が足りている人のほうがストレスが少ない傾向にあることもわかりました。

 加えて、ストレスを感じやすい人ほど「寝起きがすっきりしない」、「日中も眠さが続く」、「睡眠時間が短い」など睡眠に関する悩みを抱えていることが判明。反対に、不調にならないために十分な睡眠や質のいい睡眠を心がけている人は、「ストレスを感じない」割合が高くなっています。

広告の後にも続きます

 ストレスを感じている人へ「あなたのストレス対処法は?」を質問すると、「叫びながら全力疾走」、「枕を投げる」、「変顔をしまくる」などのアクティブなものから、「土にふれる」、「妻の笑顔に癒やされる」など癒やし系のもの、「ポジティブな言葉を言う、自己肯定感が上がる動画を見る」などの自己啓発系のものまで様々なストレス発散方法が寄せられました。

 ストレスを感じていない人に同じ質問をしたところ、「鏡に向かってポジティブなワードを言う」、「朝の挨拶を家族や職場など出会う人と必ず行う」など、気軽で習慣化しやすい発散方法が集まったそうです。

 保健学博士の蝦名玲子さんによると、季節の変わり目の不調は自律神経の乱れが原因のひとつとのこと。交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで免疫機能の低下や倦怠感などが起こり、睡眠の量や質にも影響を及ぼすそうです。日光を浴びる、適度に身体を動かす、規則正しい食事をとることが大切であると語っています。

 また、寝つきが悪いなどの睡眠の問題は心が弱っているサインであり、そういったストレスに自分で気付き、上手に解消・対処することが重要であると伝えています。

情報提供:株式会社ヤクルト本社

現代人の約半数が「季節の変わり目の不調」を実感 ヤクルトが調査 | Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 一柳ひとみ
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル