top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

現代人の約半数が「季節の変わり目の不調」を実感 ヤクルトが調査

おたくま経済新聞

 株式会社ヤクルト本社が全国の10代~60代の男女8400人を対象に、不調やストレスと睡眠に関する健康意識調査を実施。

 調査結果から現代人の約半数が季節の変わり目に疲れや肩こり、倦怠感などの「不調」を感じていることが明らかになりました。

【元の記事はこちら】

 この調査は、9月にインターネット調査として行われました。季節の変わり目の不調やストレスについて、またその不調とストレスと睡眠との関係についての健康意識調査です。

 季節の変わり目に不調を感じると答えた人は、身体面が56%、精神面が45.9%となっており、対象者の約半数が不調を感じていることがわかります。

広告の後にも続きます

 不調の内容は、身体面では「疲れやすい」に次いで、「肩こり」、「睡眠の不調」、「目の疲れ」などが挙げられ、精神面では、「だるさや倦怠感」、「何もしたくない・おっくう」、「不安」、「イライラ」などが多くなっています。

 また、季節の変わり目の不調への対策として、2人に1人が「十分な睡眠」、4人に1人が「質のいい睡眠」 と回答していることから、不調にならないために睡眠が重視されていることがわかりました。

 他の対策としては「適度な運動」、「規則正しい食事」、「湯船につかる」などが挙げられています。

 次に、ストレスの実態についての調査では、7割以上が普段の生活でストレスを感じていると回答。「どのようなタイミングでストレスを感じるか?」を聞いたところ、「人間関係」が46.1%、「睡眠不足」が43.4%、「仕事」が43.1%、次いで「体調」、「家族の問題」、「自由な時間がとれない」などの回答が寄せられました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル