top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

巨人の元祖“アジアの大砲”! 「すべての打席でホームランを狙う」と宣言した呂明賜【愛すべき助っ人たち】

週刊ベースボールONLINE

初打席アーチから9試合で7発



日本でフィーバーを捲き起こした呂

 外国人選手の一軍登録が2人までだった時代。すでに実績のある助っ人がいたら、いわゆる“第3の外国人”として活躍の場のないまま去っていった助っ人も少なくなかっただろう。巨人の助っ人では間違いなく最強といえるウォーレン・クロマティが死球禍で離脱したのが1988年。その穴を補って余りある活躍で“アジアの大砲”と呼ばれたのが呂明賜だった。

 平成の“アジアの大砲”が韓国から来たイ・スンヨプなら、昭和の最後を飾った元祖“アジアの大砲”こそ台湾から来た呂明賜。このとき監督として巨人を率いていた王貞治は台湾の英雄でもあり、かねてより「夢は日本のプロ野球で力を試すこと。あこがれは王さんのいる巨人」と語っていたという。ただ、当初はクロマティ、現役バリバリのメジャー・リーガーだった投手のビル・ガリクソンに阻まれて“第3の外国人”としてスタートする。


フォロースルーの大きなスイングは魅力的だった

 クロマティの故障で一軍デビューを飾ったのが6月14日のヤクルト戦(神宮)だった。その初打席で、フォロースルーの大きな独特の打撃フォームから、左翼の上段にアーチを架ける。「すべての打席でホームランを狙う。尊敬する王さんのためにガンガン打ちまくりたい」と語ると、まさに有言実行。以降9試合で7本塁打を放って、前年の87年にヤクルトで旋風を巻き起こしたボブ・ホーナーに負けないフィーバーを巻き起こした。なかなか闘志が前面に出てこないと言われた巨人ナインにあって、その全力プレーも魅力に。終盤は内角攻めに苦しめられたが、最終的に79試合で16本塁打は、さらなる活躍を期待させる数字だった。

 背番号も入団したときの体重にちなんだ「97」から「12」に変更される。だが、そのオフのキャンプでフォーム改造に取り組んだことが凶と出てしまう。オープン戦では本塁打ゼロ。開幕はクロマティとともに一軍で迎えたものの、ガリクソンが故障から復活したことで、ふたたび“第3の外国人”になってしまう。しかも、クロマティがプロ野球で初めて打率4割を超える勢いの絶好調で、そのまま最後まで“第3の外国人”が定位置となってしまった。91年オフに退団して、帰国。台湾球界に復帰している。

写真=BBM
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル