top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

吉田輝星はオリックスにトレード移籍で大化けも?「お手本になる右腕」とは

週刊ベースボールONLINE

リリーフで頭角を現した昨年



来季からはオリックスでプレーする吉田

 衝撃を受けた野球ファンは多いだろう。日本ハム・吉田輝星とオリックス・黒木優太の交換トレードが成立したことが11月24日、両球団から発表された。吉田は日本ハムの球団公式サイトを通じ、「ドラフト1位でファイターズに獲得してもらって、5年間優勝に貢献するような活躍ができず申し訳ないですし、すごく悔しいです。たくさんの方々に支えられて感謝しかありません。ファンの皆さん応援していただいて、ありがとうございました」とコメントを発表した。

 金足農高で甲子園準優勝に導いたのが5年前の2018年。「金農旋風」と称された快進撃は社会現象となり、絶対的エースとして秋田大会、甲子園で計881球を投げ抜いた吉田はまばゆい輝きを放っていた。ドラフト1位で日本ハムに入団。将来のエースと期待された右腕は、プロ4年目の昨年にリリーバーで頭角を現す。51試合登板で2勝3敗5ホールド、防御率4.26をマーク。ただ、先発への強いこだわりは持ち続けていた。昨年8月に週刊ベールボールのインタビューで、「【FUTURE】描く3年後の自分」というテーマ」に触れた際、以下のように語っている。

「今まではずっと先発をやってきましたし、今季の中継ぎの経験も糧にして、自分の中のプランとしては来年から先発としてやっていければと思っています。ファイターズでは上沢(上沢直之)さんや(伊藤大海)大海さん、加藤(加藤貴之)さんが先発するときは、中継ぎ陣も『長いイニングを投げてくれる』『完投もありえる』、何より『勝ってくれる』と思いながら見ています。僕もいずれはそういったエース級の先発ピッチャーになりたいなと思います」

今年は苦しいシーズンに


 先発に再挑戦した今季だったが、苦しいシーズンとなった。投球フォームの改良に取り掛かったがコンディションが上がらず、開幕からファーム暮らし。8月25日に救援要員で一軍昇格したが3試合登板で防御率9.00と結果を残せず、1週間も経たずにファームに降格。再び一軍のマウンドに上がることはなかった。

 ドラフト1位で将来を嘱望された投手だけに、入団から5年後でトレードでの放出は球団も悩んだに違いない。甘いマスクとさわやかな性格でファンの人気も高い。ただ、吉田の野球人生を考えると新たな環境でスタートを切った方が能力を引き出させると判断したのだろう。

強固な投手陣のオリックス


 先発へのこだわりを持つ吉田だが、新天地のオリックスで一軍定着に向け、険しい道が待ち受けている。絶対的エース・山本由伸がポスティングシステムでメジャー移籍、今季自己最多の11勝をマークした山崎福也の2枚が抜けるが、先発が手薄なわけではない。3年連続2ケタ勝利をマークした左腕エース・宮城大弥、高卒3年目で9勝をマークした山下舜平大、無傷の6勝と頭角を現した東晃平、日本シリーズで好投を見せた左腕・田嶋大樹、実績十分の山岡泰輔、来季2年目を迎えるドライチ左腕の曽谷龍平と力のある投手がそろっている。救援陣もベテランの平野佳寿、侍ジャパンに選出された宇田川優希、山崎颯一郎のほか、阿部翔太、小木田敦也、比嘉幹貴、山田修義とバラエティーに富んだ顔ぶれで強固だ。

 スポーツ紙記者は、「先発へのこだわりはあると思いますが、日本ハムよりハイレベルな投手陣でどんな役割でもいいので一軍に定着することが一番重要です。投球スタイルで良いお手本になるのが阿部翔太です。身長178センチと体格に恵まれているわけではなく、直球が140キロ台と宇田川、山崎颯に比べて球速が速いわけではないが、回転数が多くきっちりコーナーに投げ分けるので抑えられる。吉田も身長175センチ。力でねじ伏せる投球には限界がある。球の質、制球力を改善すれば大化けする可能性があると思います」と期待を込める。

 同郷の秋田出身・中嶋聡監督の下で、吉田の覚醒した姿を見たい。

写真=BBM
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル